• 3Dプリンターで「歩ける大きさのお城」を作成した男が現れる

    

    3Dプリンターで「歩ける大きさのお城」を作成した男が現れる

    データさえあればなんでも作れると言われている3Dプリンターは、夢の装置として多くの注目を浴びています。

    更に、Amazonが3Dプリンターストアを開くなど、3Dプリンターの需要は徐々に高まってきています。

    通常3Dプリンターでは主に小さめのサイズの製品を作りますが、ミネソタ州では、歩けるサイズのお城を作っている男性がいたようです。



    3Dプリンターでお城を作成したRudenko氏は元々3Dプリンターで家を作るのを目標としていたそうで、この夏には既に大掛かりな印刷作業が始まっていました。

    現在、外装部分はある程度制作されており、内部へ入ることができるほどの状態になっています。


    2014-08-05-2
    photo by 3dprint

    ここまで作る製作時間はかなり膨大で、50cmの高さを3Dプリントで作成するのに8時間は必要とされています。

    また、サイズが大きいことから崩れないようにするのも大変です。

    そのため、Rudenko氏は崩壊しないようにセメントを用いて建設していきます。

    これらの写真から見て分かるように、これほどのサイズでありながら影響を感じさせない、3Dプリンターの精密さ、質が非常によく分かります。


    Rudenko氏は印刷作業(建設作業)を成し遂げるために、この城の部分に改良を加えて再デザインをする計画を考えています。

    近い将来にはRudenko氏によってフルサイズの家が完成するのもそう遠くないかもしれません。


    ・関連リンク

    Minnesota Man 3D Prints a Real Castle – On to Printing a Full Size House Next(3dprint)
    http://3dprint.com/10723/3d-printed-castle-house/

    photo by 3dprint

    SHARE!

    各アイコンをクリックするとポップアップします(Feedlyは別窓)。

    ・この記事を「


    |


    【おすすめ記事】食糧危機の改善に高栄養、「食用昆虫」の文化は全世界に広まるか

    ←前の記事
    Googleの新たなプロジェクト - 完全なる人間の健康
    次の記事→
    「姿が醜い野菜や果物」は本当に価値が無いのか
    

    この記事を見た人はこんな記事も見ています

    iPhone6の湾曲現象は「極めて稀である」Appleが回答

    iPhone6の湾曲現象は「極めて稀である」Appleが回答

    ロボットが警備を行う時代がまもなく到来するかもしれない

    ロボットが警備を行う時代がまもなく到来するかもしれない

    脳波をリアルタイムに監視し、脳損傷を検知するセンサー「Jolt」をMITの学生が開発

    脳波をリアルタイムに監視し、脳損傷を検知するセンサー「Jolt」をMITの学生が開発

    世界最大のロボット競技「ロボリンピック」が再び開催

    世界最大のロボット競技「ロボリンピック」が再び開催

    Amazonが3Dプリンターストアをオープン

    Amazonが3Dプリンターストアをオープン

    まるで「アリの群れ」 1000体もの小さなロボット達が作り出す複雑な形状

    まるで「アリの群れ」 1000体もの小さなロボット達が作り出す複雑な形状

    GoogleChromeCastが誕生1周年と4億人の利用者を迎える

    GoogleChromeCastが誕生1周年と4億人の利用者を迎える

    子供に大人気? レゴで作られた巨大なサイボーグアーム

    子供に大人気? レゴで作られた巨大なサイボーグアーム

    仮想現実のホラーゲームをプレイすると「本当に死んでしまう」可能性

    仮想現実のホラーゲームをプレイすると「本当に死んでしまう」可能性

    「iPhone6」と「iPhone6 Plus」 落下時の衝撃耐久性テスト

    「iPhone6」と「iPhone6 Plus」 落下時の衝撃耐久性テスト


    テクノロジー」カテゴリーに関連する最新記事

    将来「アリのロボット」が工場労働者に代わって仕事を行うかもしれない

    将来「アリのロボット」が工場労働者に代わって仕事を行うかもしれない

    世界最大のロボット競技「ロボリンピック」が再び開催

    世界最大のロボット競技「ロボリンピック」が再び開催

    DDoS攻撃の頻度は減少、しかし攻撃規模の巨大化でより危険に

    DDoS攻撃の頻度は減少、しかし攻撃規模の巨大化でより危険に

    アメリカにて世界初の携帯型「家庭用火炎放射器」が開発中

    アメリカにて世界初の携帯型「家庭用火炎放射器」が開発中

    倒れない犬型4足歩行ロボット「Spot」が登場、しかしリリースした映像で議論勃発

    倒れない犬型4足歩行ロボット「Spot」が登場、しかしリリースした映像で議論勃発

    Googleのカスタムスマートフォン「Ara」 2015年後半にテスト販売が決定

    Googleのカスタムスマートフォン「Ara」 2015年後半にテスト販売が決定

    3Dプリンターで作られた、美しい見た目の義足

    3Dプリンターで作られた、美しい見た目の義足

    「Googleの無人自動車」が2015年中に公道でのテスト走行を行う予定

    「Googleの無人自動車」が2015年中に公道でのテスト走行を行う予定

    温度を感じることの出来る「人工皮膚」の到来

    温度を感じることの出来る「人工皮膚」の到来

    Google検索に搭載されている様々な隠しコマンド「Googleイースターエッグ」

    Google検索に搭載されている様々な隠しコマンド「Googleイースターエッグ」


    新着記事 - 10件

    FF7を「ファミコンで再現」する企画が完了、あらゆる要素がFC仕様に

    FF7を「ファミコンで再現」する企画が完了、あらゆる要素がFC仕様に

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    スウェーデンの兄弟が世界初「ドーナツを宇宙に飛ばす」挑戦を行う

    スウェーデンの兄弟が世界初「ドーナツを宇宙に飛ばす」挑戦を行う

    宇宙飛行士の父親に向けて娘が「世界最大の自動車文字」でメッセージを贈る

    宇宙飛行士の父親に向けて娘が「世界最大の自動車文字」でメッセージを贈る

    「多用途四輪車(ホンダパイオニア700)でのウィリー走行」での世界記録

    「多用途四輪車(ホンダパイオニア700)でのウィリー走行」での世界記録

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か


    ←前の記事
    Googleの新たなプロジェクト - 完全なる人間の健康
    次の記事→
    「姿が醜い野菜や果物」は本当に価値が無いのか