• 「ワニの胆汁」は猛毒? ワニの胆汁入りビールを飲み、およそ70人が死亡

    

    「ワニの胆汁」は猛毒? ワニの胆汁入りビールを飲み、およそ70人が死亡

    アフリカ大陸南東部に位置する共和制国家、モザンビークにておよそ70人が死亡するという事件が発生しました。

    当局の調査によると、死亡に至った原因は現地で醸造されたビールに「ワニの胆汁」が混入していたことであると指摘されており、死亡者には2歳児も含まれていたようです。



    ‘Crocodile poison’ beer kills nearly 70 at funeral in Mozambique
    http://rt.com/news/221623-poisonous-beer-kills-56/

    Did Crocodile Bile In Beer Really Kill 69 People In Mozambique?
    http://www.forbes.com/sites/davidkroll/2015/01/12/what-is-crocodile-bile-and-is-it-really-poisonous/
    2015-01-13-3

    事件の発生


    事件の発生はモザンビークのChitimaという村で、犠牲者は金曜日行われた葬儀に出席した後に現地で醸造されたビールを飲んだ人々です。

    このビールは現地の伝統的な製法で作られた飲料でポンベ(Phombe,Pombe)と呼ばれており、ソルガム、ふすま、とうもろこし、砂糖などを発酵させて混ぜたものでした。

    このポンベを飲むために葬儀には大勢集まっていましたが、これらを飲んだ人々は次の日に何故か体調に異常(下痢、筋肉痛等)をきたします。

    およそ150人以上がそのような症状に苦しみ、多くの人々が病院へと駆け込むのですが、この時既に死亡者の発生もありました。

    しかし、葬儀の午前中に飲んでいた者の体調に変化は無く、午後にビールを飲んだ者のみが不調を訴えているため、その間に毒物が混入された疑いがあります。

    最初の死者は飲料場所を提供していたオーナー、その娘と甥および近隣の家族4人の合計7人。

    その後死者が益々増加し、およそ70人近くが死亡しています。

    モザンビーク北部の都市テテで健康ディレクターを務めているCarla Mosse Lazarus氏は、「飲料の毒物を解析するためにサンプルとして醸造されたビール210リットルがモザンビークの分析実験室に送られた。」と述べました。

    なお、現段階(2015/1/13)ではワニの胆汁が原因であるとは確定しておらず、毒物の解析待ちとなっています。

    ワニの胆汁は毒?


    2015-01-13-5
    photo by t0mweb

    ちなみに、今回原因として指摘されている「ワニの胆汁」ですが、毒物であることを知らなかった人は多いと思われます。

    ワニの胆汁はナイルワニをはじめ、ワニの胆嚢から発生する消化液です。

    ワニ以外でも胆嚢を持つ生物には胆汁という溶解または脂肪を乳化するために胆汁酸塩または胆汁酸と呼ばれる要素が含まれています。

    これらは非常に高濃度でかなり有毒である可能性があり、飲用した場合は胆汁の強力な洗浄作用によって身体に有害なのは明らかです。

    しかし、ワニの胆汁だけでは殺害を行う程の毒性は無いようで、一部海外紙ではワニの胆汁で人が死ぬのは迷信であると疑問視しています。


    謎の毒物


    ジンバブエ大学の臨床薬理学科のN.Z.Nyazema博士によると、「ワニの胆汁の使用は魔術に使われており、その歴史は1899年まで遡る。」と言います。

    2015-01-13-6
    photo by fvanrenterghem

    Nyazema博士が読んだ南アフリカの医師の著書では、アフリカワニの胆汁はワニを殺害することで入手する以外にも、n'angaと呼ばれるジンバブエのショナ族の伝統的なヒーラー(呪術師)から得る方法があり、彼らは時にそのワニの胆汁に別の毒物を加えている場合があるとのことです。

    新たに作成された毒はnduruと呼ばれ、nduruを指や爪に付けてビールやお粥の中に浸すだけで大きな効力があると言われています。

    nduruによる被害は、特にビールを飲むような特別な行事の時に発生することが報告されており、それを摂取した者は主に腹部の痛みなどの中毒症状が表れ、摂取から24時間以内に死亡するとのことです。


    ワニの胆汁を用いた実験


    Nyazema博士及びMichael Gelfand博士は、この本に記されたこのような物語の信憑性を確認するために調査を行います。

    Traditional medicine poisoning in Zimbabwe: clinical presentation and management in adults.
    http://www.researchgate.net/publication/10969426_Traditional_medicine_poisoning_in_Zimbabwe_clinical_presentation_and_management_in_adults

    博士らは20匹のマウス及びヒヒを用いて、ワニの胆汁の大量投与することによる急性毒性を7日間調べました。

    その結果、動物はいずれも死亡せずに毒性の徴候を表すだけで、ワニの胆汁だけでは致命的な構成要素ではないことが発覚しています。


    胆汁以外に他の毒物が混入した可能性


    今回モザンビークで発生した事件では醸造されたビール210リットルが検査されていますが、恐らくワニの胆汁だけでこのような被害が起きることはまず無いため、他にも何らかの毒物が紛れ込んでいる可能性は十分考えられます。

    2015-01-13-7
    photo by jean-louis Zimmermann

    Nyazema博士は「魔術の実践で醸造に追加された可能性がある。」と述べており、更にジゴキシンなどの強心配糖体が含まれている有毒な植物を使うことで、今回の事件の症状と一致するかもしれないと仮説を立てています。

    強心配糖体を大量に摂取すると強心配糖体中毒を引き起こし、心拍数の低下、吐き気、嘔吐、腹部不快感、下痢が発生します。

    これらの症状は、今回の事件の被害者が主張している症状と一致しています。

    これもまた推測でしかありませんが、もし事実であったとしても、一体誰が何のきっかけでこのような行為に及んだのかは謎のままです。

    eyecatch by Tambako The Jaguar

    SHARE!

    各アイコンをクリックするとポップアップします(Feedlyは別窓)。

    ・この記事を「


    | | |


    【おすすめ記事】まるで「ネッシー」 鍋から頭を出しているように見える、便利で可愛らしい素敵なおたま

    ←前の記事
    ナイジェリアのイスラム過激派「ボコ・ハラム」とは何者なのか
    次の記事→
    そこはまるで「夢の世界」暗闇で光り輝く壮大なアートの数々
    

    この記事を見た人はこんな記事も見ています

    「エボラ・アウトブレイク2014」発生から現在に至るまでの時系列

    「エボラ・アウトブレイク2014」発生から現在に至るまでの時系列

    マクドナルドで「提供された熱いお茶をこぼして大火傷」 酷い火傷を負った女性が訴訟を検討

    マクドナルドで「提供された熱いお茶をこぼして大火傷」 酷い火傷を負った女性が訴訟を検討

    「楽しませたかった」バナナを警察に向けた男性が逮捕される

    「楽しませたかった」バナナを警察に向けた男性が逮捕される

    シベリアで「80mを超える大穴」が発見される

    シベリアで「80mを超える大穴」が発見される

    人質3人を殺害したとされる「イスラム国の処刑人」をFBIが特定

    人質3人を殺害したとされる「イスラム国の処刑人」をFBIが特定

    生ゴミと排泄物だけで走る「バイオ・バス」が英国で初めて誕生

    生ゴミと排泄物だけで走る「バイオ・バス」が英国で初めて誕生

    たった2分で常温の飲み物を冷たくする方法

    たった2分で常温の飲み物を冷たくする方法

    武装組織に襲われた少女を少年が助ける映像は「フェイク」と判明

    武装組織に襲われた少女を少年が助ける映像は「フェイク」と判明

    イスラム国が捕虜の「Peter Kassig氏と十数名のシリア兵」の殺害映像を公開

    イスラム国が捕虜の「Peter Kassig氏と十数名のシリア兵」の殺害映像を公開

    「もし機体が消えた場合はこれを参考にしてください」乗客がFacebookで遺した悲劇的な予言

    「もし機体が消えた場合はこれを参考にしてください」乗客がFacebookで遺した悲劇的な予言


    社会」カテゴリーに関連する最新記事

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か

    生まれた時から手足の無いキリスト教伝道師「ニック・ブイヂ」

    生まれた時から手足の無いキリスト教伝道師「ニック・ブイヂ」

    「少女が実銃を使って撮影」を行うも制御出来ずにカメラマンに向けて発砲

    「少女が実銃を使って撮影」を行うも制御出来ずにカメラマンに向けて発砲

    ニューヨークにて水道管が破裂「地下鉄に大量の水」が流れこむ

    ニューヨークにて水道管が破裂「地下鉄に大量の水」が流れこむ

    かつて「ヒーローと呼ばれた男」が子供への性的虐待で逮捕される

    かつて「ヒーローと呼ばれた男」が子供への性的虐待で逮捕される

    トルコ政府がYoutubeとTwitterへの「アクセスを遮断」

    トルコ政府がYoutubeとTwitterへの「アクセスを遮断」

    従業員は企業の大切な情報を売ることに「良心の呵責」を持っていない

    従業員は企業の大切な情報を売ることに「良心の呵責」を持っていない

    マイケル・ジャクソン、虐待の被害者らに「2億ドルの口止め料」を渡していた 弁護士が主張

    マイケル・ジャクソン、虐待の被害者らに「2億ドルの口止め料」を渡していた 弁護士が主張

    つんく♂氏が喉頭ガンの治療により「声帯を切除」したことを公表、声を失う

    つんく♂氏が喉頭ガンの治療により「声帯を切除」したことを公表、声を失う


    新着記事 - 10件

    FF7を「ファミコンで再現」する企画が完了、あらゆる要素がFC仕様に

    FF7を「ファミコンで再現」する企画が完了、あらゆる要素がFC仕様に

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    スウェーデンの兄弟が世界初「ドーナツを宇宙に飛ばす」挑戦を行う

    スウェーデンの兄弟が世界初「ドーナツを宇宙に飛ばす」挑戦を行う

    宇宙飛行士の父親に向けて娘が「世界最大の自動車文字」でメッセージを贈る

    宇宙飛行士の父親に向けて娘が「世界最大の自動車文字」でメッセージを贈る

    「多用途四輪車(ホンダパイオニア700)でのウィリー走行」での世界記録

    「多用途四輪車(ホンダパイオニア700)でのウィリー走行」での世界記録

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か


    ←前の記事
    ナイジェリアのイスラム過激派「ボコ・ハラム」とは何者なのか
    次の記事→
    そこはまるで「夢の世界」暗闇で光り輝く壮大なアートの数々