• 「絶滅危惧種の虎」を食べ、その血液からワインを作った男に懲役13年が下る

    

    「絶滅危惧種の虎」を食べ、その血液からワインを作った男に懲役13年が下る

    絶滅危惧種は別名レッドリストとも呼ばれ、絶滅の危機にある生物種は厳重に保護されています。

    しかし、それに反して保護対象生物に危害を加えてしまうと当然ながら罰せられることになります。

    最近、中国にてとある男性が絶滅危惧種の虎を殺害したとして、懲役13年及び罰金155万元(約3000万円)の判決が下っています。

    この男性は虎を殺害した後にその肉を食べ、更に血液からワインを作成していたとのことです。



    China tiger eater jailed for 13 years
    http://news.xinhuanet.com/english/china/2014-12/30/c_133887944.htm

    Chinese man jailed for 13 years for eating tigers and making wine from their blood
    http://www.theguardian.com/world/2014/dec/31/chinese-man-jailed-for-13-years-for-eating-tigers-and-making-wine-from-their-blood
    2015-01-01-1

    懲役刑が下されたのはsurname Xu氏。

    彼は裕福なビジネスマンとして知られており、共犯者と共に絶滅危惧種の虎である華南虎(South China Tiger)3匹を広西チワン族自治区にある自宅に輸送していました。

    新華社通信の報告によると、彼らは3匹の華南虎を電気ショックで殺害しており、その後殺害した虎の肉を友人と共に食べていたようです。

    しかし、その様子を目撃した者がビデオ撮影を行い、その映像を警察に提供したことでXu氏らは逮捕されます。

    どのように虎を輸入したのかは現在不明ですが、中国国内から運ばれたことが疑われています。

    他にもXu氏の自宅には巨大なヤモリとコブラなど、中国政府の保護下に置かれた絶滅危惧種である動物の骨格や肉が発見されています。

    なお、Xu氏は44万元(約840万円)で虎を購入したと警察に話しているとのこと。

    2015-01-01-3
    photo by Thomas Timlen

    Xu氏は元々4月に有罪判決を受けていてその後控訴していましたが、今週になって裁判所はその訴えを却下し、13年の懲役刑刑が確定しています。

    また、虎の輸送に参加した他の14人は5~6年半の懲役刑を受けることになりました。

    中国では虎の肉は健康に良い影響を与えると考えられており、政府の保全への取り組みにもかかわらず、密猟などで生息地の損失に大幅に縮小する結果になっています。

    今回犠牲となった華南虎は中国中央及び南部に生息している種で、現在野生の絶滅が懸念されています。

    eyecatch by wikipadia

    SHARE!

    各アイコンをクリックするとポップアップします(Feedlyは別窓)。

    ・この記事を「


    |


    【おすすめ記事】累計20万DLを達成した強制横スクロールRPG「片道勇者」が「拡張版」として再び登場

    ←前の記事
    「2歳の子供」が母親のバッグから銃を取り出して発砲、母親が死亡する
    次の記事→
    2014年度、MediaPickupで「最も人気があった記事 TOP5」
    

    この記事を見た人はこんな記事も見ています

    とてつもない量の脂肪の塊が下水道に留まり、詰まる寸前に - 西ロンドン

    とてつもない量の脂肪の塊が下水道に留まり、詰まる寸前に - 西ロンドン

    「閏(うるう)秒とは?」今年2015年7月1日に「うるう秒」が挿入される予定

    「閏(うるう)秒とは?」今年2015年7月1日に「うるう秒」が挿入される予定

    心理学者が提唱する「より良い夫婦関係」を築いていく方法

    心理学者が提唱する「より良い夫婦関係」を築いていく方法

    「死がふたりを分かつまで」ほぼ同時に亡くなった老夫婦が話題となる

    「死がふたりを分かつまで」ほぼ同時に亡くなった老夫婦が話題となる

    地下に潜む「陥没穴」の恐怖

    地下に潜む「陥没穴」の恐怖

    アラスカで35000匹もの密集した「セイウチ」が発見される 海氷の損失が原因か

    アラスカで35000匹もの密集した「セイウチ」が発見される 海氷の損失が原因か

    グレートバリアリーフのサンゴ礁に更なるダメージ、将来的に10%未満にまで減少する可能性

    グレートバリアリーフのサンゴ礁に更なるダメージ、将来的に10%未満にまで減少する可能性

    イスラム国によって米ジャーナリストの「第二の犠牲者」が誕生する

    イスラム国によって米ジャーナリストの「第二の犠牲者」が誕生する

    本日8月1日から「海賊版漫画配信サイトを完全排除」へ 場合によっては訴訟も

    本日8月1日から「海賊版漫画配信サイトを完全排除」へ 場合によっては訴訟も

    オーストラリアの海岸に「奇妙な緑色の物体」が大量に出現する

    オーストラリアの海岸に「奇妙な緑色の物体」が大量に出現する


    社会」カテゴリーに関連する最新記事

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か

    生まれた時から手足の無いキリスト教伝道師「ニック・ブイヂ」

    生まれた時から手足の無いキリスト教伝道師「ニック・ブイヂ」

    「少女が実銃を使って撮影」を行うも制御出来ずにカメラマンに向けて発砲

    「少女が実銃を使って撮影」を行うも制御出来ずにカメラマンに向けて発砲

    ニューヨークにて水道管が破裂「地下鉄に大量の水」が流れこむ

    ニューヨークにて水道管が破裂「地下鉄に大量の水」が流れこむ

    かつて「ヒーローと呼ばれた男」が子供への性的虐待で逮捕される

    かつて「ヒーローと呼ばれた男」が子供への性的虐待で逮捕される

    トルコ政府がYoutubeとTwitterへの「アクセスを遮断」

    トルコ政府がYoutubeとTwitterへの「アクセスを遮断」

    従業員は企業の大切な情報を売ることに「良心の呵責」を持っていない

    従業員は企業の大切な情報を売ることに「良心の呵責」を持っていない

    マイケル・ジャクソン、虐待の被害者らに「2億ドルの口止め料」を渡していた 弁護士が主張

    マイケル・ジャクソン、虐待の被害者らに「2億ドルの口止め料」を渡していた 弁護士が主張

    つんく♂氏が喉頭ガンの治療により「声帯を切除」したことを公表、声を失う

    つんく♂氏が喉頭ガンの治療により「声帯を切除」したことを公表、声を失う


    新着記事 - 10件

    FF7を「ファミコンで再現」する企画が完了、あらゆる要素がFC仕様に

    FF7を「ファミコンで再現」する企画が完了、あらゆる要素がFC仕様に

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    スウェーデンの兄弟が世界初「ドーナツを宇宙に飛ばす」挑戦を行う

    スウェーデンの兄弟が世界初「ドーナツを宇宙に飛ばす」挑戦を行う

    宇宙飛行士の父親に向けて娘が「世界最大の自動車文字」でメッセージを贈る

    宇宙飛行士の父親に向けて娘が「世界最大の自動車文字」でメッセージを贈る

    「多用途四輪車(ホンダパイオニア700)でのウィリー走行」での世界記録

    「多用途四輪車(ホンダパイオニア700)でのウィリー走行」での世界記録

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か


    ←前の記事
    「2歳の子供」が母親のバッグから銃を取り出して発砲、母親が死亡する
    次の記事→
    2014年度、MediaPickupで「最も人気があった記事 TOP5」