• 「フランクとルイ」ギネス世界記録に登録された、最も長生きした2つの顔を持つ猫

    

    「フランクとルイ」ギネス世界記録に登録された、最も長生きした2つの顔を持つ猫

    生物の誕生の際、全てが健康体で生まれることは無く、時々良くも悪くも何らかの特徴を持って誕生する場合があります。

    今回紹介するヤヌス猫と呼ばれる猫は、最初から2つの顔を生まれ持っています。

    これらヤヌス猫は生まれてから1年も経たずに亡くなってしまいますが、この「フランクとルイ」はなんと15年も生きていたのです。

    この猫は、最長寿のヤヌス猫として2006年にギネス世界記録に登録、そしてその後も生き続けたことから2011年にギネス世界記録に再び登録されており、大きな話題となっていました。

    一躍有名となったフランクとルイですが、つい先日、15歳という年齢でこの世から去ってしまいます。



    Worcester's 2-faced cat dies at 15
    http://www.telegram.com/article/20141204/NEWS/312049633/1116

    Farewell Frank and Louie - world's longest surviving Janus cat passes away
    http://www.guinnessworldrecords.com/news/2014/12/worlds-longest-surviving-janus-cat-passes-away-62152/
    2014-12-09-2

    飼い主であるMarty Stevens氏によると、フランクとルイの誕生は1999年9月。

    彼との出会いは獣医師として働いていた職場で、本来の飼い主が安楽死目的で動物病院に持ってきたことでした。

    フランクとルイには3つの目と2つの鼻および2つの口を持っていたのですが、中央の目は失明しており、各パーツは一つの脳に繋がっています。

    彼女は彼を別の獣医に見せて「私は彼(ネコ)を育てることは出来ますか。」と訪ねますが、獣医は「猫が3〜4日以内に死亡するかもしれない。」と話していたということです。

    しかし、彼女は、3ヶ月経つまで彼を毎日職場へ連れて行き、多くの注意を払いながら世話を行いました。

    その結果、彼は死にはせず、3ヶ月後にはチューブによる流動食から離れるまで成長しました。

    また、フランク側には食道があったため、彼は食べることを学び、すくすくと大きくなっていきます。

    最大の問題だったのが、去勢およびルイの口からいくつかの歯の除去することで、彼は健康な猫とは異なり底顎が一切無かったのです。

    ヤヌス猫が短命である理由がこれであり、まともに食物を取れないために弱っていくとのことです。しかし、Stevens氏はチューブで栄養を与え続けたことで延命することが出来ました。

    その後、ギネスのスタッフによってフランクとルイが世界で最も生きたヤヌス猫として宣言、彼は一躍有名となります。

    Frank and Louie, two-faced cat
    https://www.youtube.com/watch?v=dOivbSTpzXs


    それから数年、フランクとルイは先月から体調が悪くなっており、12月になると重篤なガンに罹患していたことが発覚、最後には危篤状態だったため、12/4の朝、アメリカのCummings School of Veterinary Medicine at Tuft's University in Graftonで獣医師により安楽死しました。

    ヤヌス猫は短命と言われたにも関わらず、15歳という年齢で亡くなったのは非常に幸運でした。

    なお、ヤヌス猫のヤヌス(Janus)とは、二つの顔を持つものとして描かれたローマの神の一人であり、この猫のように2つの顔を持っているという障害はDiprosopusとしても知られています。

    Oldest two faced cat aged 15, dies of cancer| Studio N
    https://www.youtube.com/watch?v=4g4egjw3vfg


    eyecatch by youtube

    SHARE!

    各アイコンをクリックするとポップアップします(Feedlyは別窓)。

    ・この記事を「


    | | |


    【おすすめ記事】インドで父親が10歳の娘を生き埋め 「子供が女だったから埋めた」

    ←前の記事
    「生野菜vs冷凍野菜」どちらがより栄養の保持に優れているのか
    次の記事→
    ブルガリアで「全身緑色の野良猫」が発見される 住民らは猫の健康を懸念
    

    この記事を見た人はこんな記事も見ています

    空港の金属探知機を通過した「ペースメーカー着用者」に異変、急死する

    空港の金属探知機を通過した「ペースメーカー着用者」に異変、急死する

    人権保護団体HRWが644ページにも及ぶ「世界で発生した人権問題」の報告書を公開

    人権保護団体HRWが644ページにも及ぶ「世界で発生した人権問題」の報告書を公開

    3歳の男児が大口径の銃を誤って発砲、銃弾が母親に当たって死亡する

    3歳の男児が大口径の銃を誤って発砲、銃弾が母親に当たって死亡する

    世界に存在する8つの「風変わりなファストフード」

    世界に存在する8つの「風変わりなファストフード」

    FacebookのCEOが1億ドルで「ハワイの一部」を購入

    FacebookのCEOが1億ドルで「ハワイの一部」を購入

    オーストラリアの海岸に「奇妙な緑色の物体」が大量に出現する

    オーストラリアの海岸に「奇妙な緑色の物体」が大量に出現する

    世界の富の半分以上は「上位1%の億万長者が所持している可能性」 飢餓救済団体オックスファムが指摘

    世界の富の半分以上は「上位1%の億万長者が所持している可能性」 飢餓救済団体オックスファムが指摘

    経済ライフラインで使用されていたガザのトンネルは、今イスラエルへの攻撃に使われる

    経済ライフラインで使用されていたガザのトンネルは、今イスラエルへの攻撃に使われる

    地下に潜む「陥没穴」の恐怖

    地下に潜む「陥没穴」の恐怖

    まるで悪夢、ベッドに超巨大なスズメバチの巣が発生する

    まるで悪夢、ベッドに超巨大なスズメバチの巣が発生する


    社会」カテゴリーに関連する最新記事

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か

    生まれた時から手足の無いキリスト教伝道師「ニック・ブイヂ」

    生まれた時から手足の無いキリスト教伝道師「ニック・ブイヂ」

    「少女が実銃を使って撮影」を行うも制御出来ずにカメラマンに向けて発砲

    「少女が実銃を使って撮影」を行うも制御出来ずにカメラマンに向けて発砲

    ニューヨークにて水道管が破裂「地下鉄に大量の水」が流れこむ

    ニューヨークにて水道管が破裂「地下鉄に大量の水」が流れこむ

    かつて「ヒーローと呼ばれた男」が子供への性的虐待で逮捕される

    かつて「ヒーローと呼ばれた男」が子供への性的虐待で逮捕される

    トルコ政府がYoutubeとTwitterへの「アクセスを遮断」

    トルコ政府がYoutubeとTwitterへの「アクセスを遮断」

    従業員は企業の大切な情報を売ることに「良心の呵責」を持っていない

    従業員は企業の大切な情報を売ることに「良心の呵責」を持っていない

    マイケル・ジャクソン、虐待の被害者らに「2億ドルの口止め料」を渡していた 弁護士が主張

    マイケル・ジャクソン、虐待の被害者らに「2億ドルの口止め料」を渡していた 弁護士が主張

    つんく♂氏が喉頭ガンの治療により「声帯を切除」したことを公表、声を失う

    つんく♂氏が喉頭ガンの治療により「声帯を切除」したことを公表、声を失う


    新着記事 - 10件

    FF7を「ファミコンで再現」する企画が完了、あらゆる要素がFC仕様に

    FF7を「ファミコンで再現」する企画が完了、あらゆる要素がFC仕様に

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    スウェーデンの兄弟が世界初「ドーナツを宇宙に飛ばす」挑戦を行う

    スウェーデンの兄弟が世界初「ドーナツを宇宙に飛ばす」挑戦を行う

    宇宙飛行士の父親に向けて娘が「世界最大の自動車文字」でメッセージを贈る

    宇宙飛行士の父親に向けて娘が「世界最大の自動車文字」でメッセージを贈る

    「多用途四輪車(ホンダパイオニア700)でのウィリー走行」での世界記録

    「多用途四輪車(ホンダパイオニア700)でのウィリー走行」での世界記録

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か


    ←前の記事
    「生野菜vs冷凍野菜」どちらがより栄養の保持に優れているのか
    次の記事→
    ブルガリアで「全身緑色の野良猫」が発見される 住民らは猫の健康を懸念