• エボラ出血熱に対する「空港スクリーニング」はどれほど有効なのか

    

    エボラ出血熱に対する「空港スクリーニング」はどれほど有効なのか

    今年発生したエボラ出血熱の大感染は多くの死者を生みました。

    発生の当初はアフリカでのみでしたが、次第に感染は広がっていき、最終的にはアメリカで感染者が発見されるほどになりました。

    感染を未然に防ぐために国は空港にてスクリーニング(ふるいわけ)を行っていましたが、それでも感染者の侵入を防ぐことが出来ませんでした。

    スクリーニングは果たして有効なのでしょうか。

    そのことに関して、医学雑誌であるLancetが空港スクリーニングに対する新しい研究を発表していました。



    Effectiveness of screening for Ebola at airports
    http://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736%2814%2961894-8/fulltext

    How Effective Is Airport Screening Against Ebola?
    http://motherboard.vice.com/read/how-effective-is-airport-screening-against-ebola
    2014-11-17-3

    リバプールの大学の研究者は数学モデルを使用して、今年の年末までにアメリカあるいは英国にやってくる感染者総数の見込みを計算することができました。

    研究によると、飛行機で西アフリカから帰国しようとする29人のエボラキャリアのうち、10人が検出可能になるとのことです。

    以下の画像は研究でシミュレートされた調査結果。
    2014-11-17-4

    空港でのエボラスクリーニングは体温を計ることで調査されますが、一部エボラ感染者には一週間程の無症候の潜伏期間があり、その時は体温の上昇が確認されません。ただ、入国及び出国でスクリーニングを行うことで検出率は大きく上昇します。

    モデルによれば、19人の無症候キャリアの内、1~3人は米国及び英国に入国する可能性があると述べていますが、少数の場合、これによって米国と英国にエボラの大感染が起きることは想定されていません。

    アフリカでは医療状況やエボラに関する知識が悪く、より簡単に感染してしまいますが、先進国である国々ではそれに対する対策が取られていることから感染率は低いとみられています。

    また、エボラは空気感染せず、感染者の体液などでのみ感染するため、適切に隔離されていれば感染はまず起きません。

    最近の調査ではエボラに抗体を持った者がいることが判明しており、一度エボラに感染して治癒した看護師が、抗体を持っていることから再び医療現場に戻り、エボラ患者に接することが報じられています。

    なお、研究者による研究ノートには「感染した個人の識別に加えて、スクリーニング検査は、西アフリカから到着する乗客の情報を保健機関に提供することを可能にし、彼らの体の具合が悪くなる場合にそのフォローを行います。」と記述されており、論文著者の一人であるJonathan M Reed氏は「スクリーニング検査は国のエボラ発生の機会を減らすことが可能ですが、国際的な発生を制限する最も有効な方法は出所である西アフリカでその病気をコントロールすることです。」と述べています。

    eyecatch by Alan Levine

    SHARE!

    各アイコンをクリックするとポップアップします(Feedlyは別窓)。

    ・この記事を「


    | |


    【おすすめ記事】ハローキティ40週年記念 米Beatsが「ハローキティヘッドホン」を公開

    ←前の記事
    ロボットが警備を行う時代がまもなく到来するかもしれない
    次の記事→
    映画俳優の高倉健さん(83)が悪性リンパ腫のため死去 生涯の映画出演は200本以上
    

    この記事を見た人はこんな記事も見ています

    ISIS(イスラム国)が、Twitterから新たなSNSへ移行する兆しを見せる

    ISIS(イスラム国)が、Twitterから新たなSNSへ移行する兆しを見せる

    米軍がラッカにて「イスラム国(ISIS)志願者を脅迫」するチラシ6万枚を空中投下

    米軍がラッカにて「イスラム国(ISIS)志願者を脅迫」するチラシ6万枚を空中投下

    マイケル・ジャクソン、虐待の被害者らに「2億ドルの口止め料」を渡していた 弁護士が主張

    マイケル・ジャクソン、虐待の被害者らに「2億ドルの口止め料」を渡していた 弁護士が主張

    大型犬の胃の中に「大量の靴下」が発見される

    大型犬の胃の中に「大量の靴下」が発見される

    英国が「第一次世界大戦にかかった債務」の一部を返済開始することを発表

    英国が「第一次世界大戦にかかった債務」の一部を返済開始することを発表

    イスラム国が新たな宣伝映像を公開、映像には「ヨルダン人パイロットを焼殺させる」場面も

    イスラム国が新たな宣伝映像を公開、映像には「ヨルダン人パイロットを焼殺させる」場面も

    MH17の犠牲者、282人が乗った「死の列車」がウクライナに到着する

    MH17の犠牲者、282人が乗った「死の列車」がウクライナに到着する

    「豪の事故からわずか2日後」イスラエルでクリケット審判の首にボールが直撃、死亡する

    「豪の事故からわずか2日後」イスラエルでクリケット審判の首にボールが直撃、死亡する

    「英国初の獄中同性婚」となる殺人犯二人の結婚式が執り行われ、正式に夫婦に

    「英国初の獄中同性婚」となる殺人犯二人の結婚式が執り行われ、正式に夫婦に

    確率は5000万分の1、非常に珍しいロブスターが発見される

    確率は5000万分の1、非常に珍しいロブスターが発見される


    社会」カテゴリーに関連する最新記事

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か

    生まれた時から手足の無いキリスト教伝道師「ニック・ブイヂ」

    生まれた時から手足の無いキリスト教伝道師「ニック・ブイヂ」

    「少女が実銃を使って撮影」を行うも制御出来ずにカメラマンに向けて発砲

    「少女が実銃を使って撮影」を行うも制御出来ずにカメラマンに向けて発砲

    ニューヨークにて水道管が破裂「地下鉄に大量の水」が流れこむ

    ニューヨークにて水道管が破裂「地下鉄に大量の水」が流れこむ

    かつて「ヒーローと呼ばれた男」が子供への性的虐待で逮捕される

    かつて「ヒーローと呼ばれた男」が子供への性的虐待で逮捕される

    トルコ政府がYoutubeとTwitterへの「アクセスを遮断」

    トルコ政府がYoutubeとTwitterへの「アクセスを遮断」

    従業員は企業の大切な情報を売ることに「良心の呵責」を持っていない

    従業員は企業の大切な情報を売ることに「良心の呵責」を持っていない

    マイケル・ジャクソン、虐待の被害者らに「2億ドルの口止め料」を渡していた 弁護士が主張

    マイケル・ジャクソン、虐待の被害者らに「2億ドルの口止め料」を渡していた 弁護士が主張

    つんく♂氏が喉頭ガンの治療により「声帯を切除」したことを公表、声を失う

    つんく♂氏が喉頭ガンの治療により「声帯を切除」したことを公表、声を失う


    新着記事 - 10件

    FF7を「ファミコンで再現」する企画が完了、あらゆる要素がFC仕様に

    FF7を「ファミコンで再現」する企画が完了、あらゆる要素がFC仕様に

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    スウェーデンの兄弟が世界初「ドーナツを宇宙に飛ばす」挑戦を行う

    スウェーデンの兄弟が世界初「ドーナツを宇宙に飛ばす」挑戦を行う

    宇宙飛行士の父親に向けて娘が「世界最大の自動車文字」でメッセージを贈る

    宇宙飛行士の父親に向けて娘が「世界最大の自動車文字」でメッセージを贈る

    「多用途四輪車(ホンダパイオニア700)でのウィリー走行」での世界記録

    「多用途四輪車(ホンダパイオニア700)でのウィリー走行」での世界記録

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か


    ←前の記事
    ロボットが警備を行う時代がまもなく到来するかもしれない
    次の記事→
    映画俳優の高倉健さん(83)が悪性リンパ腫のため死去 生涯の映画出演は200本以上