• 「ゴミに埋もれた海を綺麗に」20歳の青年が考える、壮大なクリーンプロジェクト

    

    「ゴミに埋もれた海を綺麗に」20歳の青年が考える、壮大なクリーンプロジェクト

    我々の住む地球は広大な海が存在しており、それは陸地よりも遥かに大きい面積を持っています。

    しかし数十年、この海で問題となっているのはゴミの問題です。

    不法投棄やポイ捨てなど、あらゆる人々が海にゴミを遺棄しているせいで、太平洋では、太平洋ゴミベルトと呼ばれる海洋ゴミの海域が出来てしまっています。

    これはかなり深刻な問題で、景観を損なうだけでなく、プランクトンの大発生や野生動物が誤ってゴミを飲み込んで死亡してしまうケースが非常に多く存在しています。

    また、海には大量のプラスチック片が漂っていますが、プラスチックは微生物による分解に大変時間がかかると言われており、例えばレジ袋が分解されるには約20年、ペットボトルはおよそ450年もの時間がかかるとされています。

    あらゆる理由によって、現在プラスチックはすべての海洋汚染の約70%の原因となっています。

    しかし、ある一人の若き青年が立ち上がり、この問題を解決しようと試みています。



    The Kid Who Will Clean Up The Ocean
    http://motherboard.vice.com/read/the-ocean-clean-up-kid

    The 20-Year-Old With a Plan to Rid the Sea of Plastic
    https://www.youtube.com/watch?v=hmPHBhYaCR4


    彼の名前はBoyan Slat。オランダ在住の若き青年です。

    問題解決を行おうとしたきっかけは、彼が17歳の時。

    ギリシャにてダイビングを行った際に彼は現状の海洋ゴミ問題に直面します。それ以来、この問題を解決しようと、プラスチックを回収するための技術の開発に力を入れています。

    以前、彼はOcean Cleanup Projectという計画を立ち上げ、クラウドファンディングにて活動資金を募っていましたが、資金募集はわずか数日で大金が集まり、現在では200万ドル(約2億円)以上の大金が集まっています。

    彼はこの成果に「インターネットが無ければこのプロジェクトは無かったでしょう。」と答えています。

    現在では彼は100人の科学者、学生、サポーターのチームをリードする立場に立っており、彼のクラウドファンディングの成功で、この活動はますます勢いが増すことになっています。

    彼は今後3〜5年以内に、100kmにも及ぶ回収装置のプロトタイプを建造する計画を立てています。

    この計画はコストも膨大なものとなりますが、彼によると従来のプロジェクトより、33倍も安くコストを抑えることが出来ると述べています。


    毎週、彼らの行動によって膨大な海洋ゴミが集められています。



    彼らのゴミ取り計画の方法はシンプルながらも高性能なものです。

    The Concept - THE OCEAN CLEANUP
    http://www.theoceancleanup.com/the-concept.html

    まずは周辺に大きな壁となる枠を浮かべます。
    枠を取り付けることでゴミは枠外へは移動せず、自然な風や海流だけでも枠の縁に留まることになります。
    2014-10-01-3

    この枠は伸縮自在なため、巨大な長さにすることも可能です。縮小すればゴミをかき集めることが出来るので、より効率よく多くのゴミを取り去ることが出来ます。
    2014-10-01-5

    そして、野生動物を誤って捕らないよう特殊な浮きを使っているため、野生動物が引っかかることはまずないそうです。
    2014-10-01-7


    2014-10-01-6
    photo by theoceancleanup


    ただ、このプロジェクトはすべての人に受け入れられている訳ではなく、一部から批判を受けています。

    南ドイツ新聞社(sueddeutsche)の記事によると、Ocean Clean Projectは流れの力が正確に推定されておらず、それによって微生物による影響が考えられており、効果よりも害を引き起こすだろうと警告しています。

    しかし、Boyan Slat氏は、科学界が彼の考えを批判していることに感謝しています。彼は、将来的に調査や試作に取り組んでいく予定となっているようです。

    更に、海洋保全非営利の組織、http://5gyres.org/のディレクター、 Stiv Wilson氏はこのプロジェクトは間違っていると指摘しています。

    この指摘を受け、彼らは300ページにも及ぶ膨大な検証内容を記した調査報告をサイト上にアップロードしています。

    TOC_Feasibility_study_lowres(PDF)
    http://www.theoceancleanup.com/fileadmin/media-archive/theoceancleanup/press/downloads/TOC_Feasibility_study_lowres.pdf

    プロジェクトの規模上、このような問題が出てくるのは必然ですが、彼の今後の活動により、海の浄化にますますの力を発揮していくでしょう。

    SHARE!

    各アイコンをクリックするとポップアップします(Feedlyは別窓)。

    ・この記事を「


    | |


    【おすすめ記事】3Dプリンターで作られた、美しい見た目の義足

    ←前の記事
    「男性脳」「女性脳」は存在しない?
    次の記事→
    3600個ものヒートセンサーが用いられた、皮膚のようなウェアラブル健康モニター
    

    この記事を見た人はこんな記事も見ています

    とてつもない量の脂肪の塊が下水道に留まり、詰まる寸前に - 西ロンドン

    とてつもない量の脂肪の塊が下水道に留まり、詰まる寸前に - 西ロンドン

    「ナゲットのような形」をした重さ3kgの金塊が40万ドル(4000万円)で売買される

    「ナゲットのような形」をした重さ3kgの金塊が40万ドル(4000万円)で売買される

    迷子になって25年、行方不明だった息子が「Google Earth」を用いて母親を発見する

    迷子になって25年、行方不明だった息子が「Google Earth」を用いて母親を発見する

    日本で今年もイルカ漁が開始、反対団体はイルカ漁反対のデモを行う

    日本で今年もイルカ漁が開始、反対団体はイルカ漁反対のデモを行う

    イスラム国が新たな宣伝映像を公開、映像には「ヨルダン人パイロットを焼殺させる」場面も

    イスラム国が新たな宣伝映像を公開、映像には「ヨルダン人パイロットを焼殺させる」場面も

    シベリアで「80mを超える大穴」が発見される

    シベリアで「80mを超える大穴」が発見される

    食品加熱以外にも役立つ! 電子レンジに隠された「10のパワー」

    食品加熱以外にも役立つ! 電子レンジに隠された「10のパワー」

    脂肪が多くても非常に健康に良い「10の食品」

    脂肪が多くても非常に健康に良い「10の食品」

    従業員は企業の大切な情報を売ることに「良心の呵責」を持っていない

    従業員は企業の大切な情報を売ることに「良心の呵責」を持っていない

    つんく♂氏が喉頭ガンの治療により「声帯を切除」したことを公表、声を失う

    つんく♂氏が喉頭ガンの治療により「声帯を切除」したことを公表、声を失う


    社会」カテゴリーに関連する最新記事

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か

    生まれた時から手足の無いキリスト教伝道師「ニック・ブイヂ」

    生まれた時から手足の無いキリスト教伝道師「ニック・ブイヂ」

    「少女が実銃を使って撮影」を行うも制御出来ずにカメラマンに向けて発砲

    「少女が実銃を使って撮影」を行うも制御出来ずにカメラマンに向けて発砲

    ニューヨークにて水道管が破裂「地下鉄に大量の水」が流れこむ

    ニューヨークにて水道管が破裂「地下鉄に大量の水」が流れこむ

    かつて「ヒーローと呼ばれた男」が子供への性的虐待で逮捕される

    かつて「ヒーローと呼ばれた男」が子供への性的虐待で逮捕される

    トルコ政府がYoutubeとTwitterへの「アクセスを遮断」

    トルコ政府がYoutubeとTwitterへの「アクセスを遮断」

    従業員は企業の大切な情報を売ることに「良心の呵責」を持っていない

    従業員は企業の大切な情報を売ることに「良心の呵責」を持っていない

    マイケル・ジャクソン、虐待の被害者らに「2億ドルの口止め料」を渡していた 弁護士が主張

    マイケル・ジャクソン、虐待の被害者らに「2億ドルの口止め料」を渡していた 弁護士が主張

    つんく♂氏が喉頭ガンの治療により「声帯を切除」したことを公表、声を失う

    つんく♂氏が喉頭ガンの治療により「声帯を切除」したことを公表、声を失う


    新着記事 - 10件

    FF7を「ファミコンで再現」する企画が完了、あらゆる要素がFC仕様に

    FF7を「ファミコンで再現」する企画が完了、あらゆる要素がFC仕様に

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    スウェーデンの兄弟が世界初「ドーナツを宇宙に飛ばす」挑戦を行う

    スウェーデンの兄弟が世界初「ドーナツを宇宙に飛ばす」挑戦を行う

    宇宙飛行士の父親に向けて娘が「世界最大の自動車文字」でメッセージを贈る

    宇宙飛行士の父親に向けて娘が「世界最大の自動車文字」でメッセージを贈る

    「多用途四輪車(ホンダパイオニア700)でのウィリー走行」での世界記録

    「多用途四輪車(ホンダパイオニア700)でのウィリー走行」での世界記録

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か


    ←前の記事
    「男性脳」「女性脳」は存在しない?
    次の記事→
    3600個ものヒートセンサーが用いられた、皮膚のようなウェアラブル健康モニター