• 全身麻酔の「手術中に何人かの患者は目覚め」ているという事実

    

    全身麻酔の「手術中に何人かの患者は目覚め」ているという事実

    photo by Army Medicine

    小規模な手術では局所麻酔等、軽い麻酔程度で済まされますが、大規模な手術となれば全身麻酔が必要となります。

    全身麻酔は無痛、意識の喪失・健忘、筋弛緩、有害反射の予防を目的とした麻酔方法で、患者の肉体的・精神的苦痛の緩和を目的としています。

    この方法を採ることであらゆる部位の手術が可能となるため、大きなメリットとなりますが、患者自身の意識がないため、アクションを取れないというデメリットも含んでいます。

    ところが調査によると、実は全身麻酔の手術中に患者が目覚めていたケースが300件以上もあったと報告されていました。



    Some patients 'wake up' during surgery
    http://www.bbc.com/news/health-29118656


    Association of Anaesthetists of Great Britain and Irelandの研究者らは1年間に渡って300万件もの手術を調査した結果、300人以上が術中に目覚めるケースがあったとの報告をしています。

    専門家によると19000件の手術の内、1回はこのケースが発生すると予想しており、過去に妊婦が帝王切開中に目覚めたり、全身麻酔を受けた患者が目覚めたエピソードがあったようです。

    ほとんどは手術直前、手術直後に目覚めるケースでしたが、41%の人々が心理的な害を長期間もたらす結果となっています。


    2014-09-10-4
    photo by Army Medicine


    「彼らが私を弄っている間、私は半狂乱状態で死んでしまうかと思いました。」

    この患者の一人は術中に目覚めたことで痛みを感じ、パニック状態となりますが、麻酔の効果で筋肉を動かすことができなかったと話しています。

    専門家らはこれらの状態を引き起こす原因を調査した結果、筋肉のマヒ効果をもたらす筋弛緩剤と他の薬剤の組み合わせが原因かもしれないと推測しており、およそ90%がこの組み合わせで生じたとの報告がされていました。

    他にも、薬剤の投与ミスによって患者の目覚めが引き起こされたと報告されており、専門家は全国でチェックリストを使用するべきであると要求しています。

    「この報告書が麻酔科医は事故防止に一層の注意を払うようになるように願っています。」

    ロイヤル·ユナイテッド病院のティム·クック博士はそう話し、この報告書が医師達の事故防止啓発になると述べています。

    SHARE!

    各アイコンをクリックするとポップアップします(Feedlyは別窓)。

    ・この記事を「


    |


    【おすすめ記事】世界の富の半分以上は「上位1%の億万長者が所持している可能性」 飢餓救済団体オックスファムが指摘

    ←前の記事
    ベンゾジアゼピン系睡眠薬の常用使用は「アルツハイマー」の発症可能性を上昇させる
    次の記事→
    宇宙に存在する「クエーサー」とは一体何なのか
    

    この記事を見た人はこんな記事も見ています

    スパークリングミネラルウォーターは水道水より塩分が多い

    スパークリングミネラルウォーターは水道水より塩分が多い

    今明らかにされる「アメリカンスナイパー」10の真実

    今明らかにされる「アメリカンスナイパー」10の真実

    エボラ出血熱の感染者は男性より女性の方が多い

    エボラ出血熱の感染者は男性より女性の方が多い

    ISISの米ジャーナリストの殺害映像は「演出」であり、フェイクの可能性

    ISISの米ジャーナリストの殺害映像は「演出」であり、フェイクの可能性

    確率は5000万分の1、非常に珍しいロブスターが発見される

    確率は5000万分の1、非常に珍しいロブスターが発見される

    オランダ国営放送に「拳銃を持った大学生」が襲撃、自身のテレビ放送を要求

    オランダ国営放送に「拳銃を持った大学生」が襲撃、自身のテレビ放送を要求

    心理学者が提唱する「より良い夫婦関係」を築いていく方法

    心理学者が提唱する「より良い夫婦関係」を築いていく方法

    アメリカで23年間虐待を受けていた象が開放される

    アメリカで23年間虐待を受けていた象が開放される

    本当に実在するの?太陽やヒゲに恐怖するなど「10の奇妙な恐怖症」

    本当に実在するの?太陽やヒゲに恐怖するなど「10の奇妙な恐怖症」

    3歳の男児が大口径の銃を誤って発砲、銃弾が母親に当たって死亡する

    3歳の男児が大口径の銃を誤って発砲、銃弾が母親に当たって死亡する


    社会」カテゴリーに関連する最新記事

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か

    生まれた時から手足の無いキリスト教伝道師「ニック・ブイヂ」

    生まれた時から手足の無いキリスト教伝道師「ニック・ブイヂ」

    「少女が実銃を使って撮影」を行うも制御出来ずにカメラマンに向けて発砲

    「少女が実銃を使って撮影」を行うも制御出来ずにカメラマンに向けて発砲

    ニューヨークにて水道管が破裂「地下鉄に大量の水」が流れこむ

    ニューヨークにて水道管が破裂「地下鉄に大量の水」が流れこむ

    かつて「ヒーローと呼ばれた男」が子供への性的虐待で逮捕される

    かつて「ヒーローと呼ばれた男」が子供への性的虐待で逮捕される

    トルコ政府がYoutubeとTwitterへの「アクセスを遮断」

    トルコ政府がYoutubeとTwitterへの「アクセスを遮断」

    従業員は企業の大切な情報を売ることに「良心の呵責」を持っていない

    従業員は企業の大切な情報を売ることに「良心の呵責」を持っていない

    マイケル・ジャクソン、虐待の被害者らに「2億ドルの口止め料」を渡していた 弁護士が主張

    マイケル・ジャクソン、虐待の被害者らに「2億ドルの口止め料」を渡していた 弁護士が主張

    つんく♂氏が喉頭ガンの治療により「声帯を切除」したことを公表、声を失う

    つんく♂氏が喉頭ガンの治療により「声帯を切除」したことを公表、声を失う


    新着記事 - 10件

    FF7を「ファミコンで再現」する企画が完了、あらゆる要素がFC仕様に

    FF7を「ファミコンで再現」する企画が完了、あらゆる要素がFC仕様に

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    スウェーデンの兄弟が世界初「ドーナツを宇宙に飛ばす」挑戦を行う

    スウェーデンの兄弟が世界初「ドーナツを宇宙に飛ばす」挑戦を行う

    宇宙飛行士の父親に向けて娘が「世界最大の自動車文字」でメッセージを贈る

    宇宙飛行士の父親に向けて娘が「世界最大の自動車文字」でメッセージを贈る

    「多用途四輪車(ホンダパイオニア700)でのウィリー走行」での世界記録

    「多用途四輪車(ホンダパイオニア700)でのウィリー走行」での世界記録

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か


    ←前の記事
    ベンゾジアゼピン系睡眠薬の常用使用は「アルツハイマー」の発症可能性を上昇させる
    次の記事→
    宇宙に存在する「クエーサー」とは一体何なのか