• 海外でもサッカーゴールが原因の死亡事故が多発

    

    海外でもサッカーゴールが原因の死亡事故が多発

    photo by clappstar

    サッカーで使われるサッカーゴールですが、国内でも頻繁に起こっているように(PDF)、海外でも同じく事故が多発している模様です。



    今週の水曜日には、イギリスのブラッドフォードで15歳の少女がサッカーゴールの下敷きになって死亡。

    彼女の友人がサッカーゴールを持ち上げて助けようとしましたが、鉄製のサッカーゴールはとても重く、持ち上げることは出来ませんでした。

    2012年の7月では、5歳の少女が同じく倒れたサッカーゴールの下敷きになって死亡しています。


    2014-08-01-13
    photo by USAG- Humphreys


    事故再発のために、法律でサッカーゴールを地面に固定させることや、最先端のデザインで転倒防止などを警察は賛成しています。

    サッカーゴールは大抵金属で作られており、重さは100キロを超える場合もあります。また、その構造上の理由から、前に倒れ込みやすくなっています。

    これらのサッカーゴールによる事故の危険性が認識されているにもかかわらず、未だに改善されていません。

    2001年にモントリオールで14歳の少年が死亡、原因はサッカーゴールが頭部に激突したことが致命傷でした。

    この時に全ての公園でサッカーゴールを地面に固定することが推奨されます。


    2003年にはイリノイ州在住の6歳の少年も、同じく頭部にサッカーゴールが激突して死亡、これによって、サッカーゴールの固定を求める法律が推進され始めます。

    この犠牲となった6歳の少年の両親は、サッカーゴールの危険性の意識を高めるために活動を始めます。

    彼らの活動により、2011年にイリノイ州では新たに法律が制定され、転倒防止の無いサッカーゴールの製造が禁止されることとなりました。

    そのため、現在イリノイ州では、サッカーゴールを設置する場合は適切に処置されなければならないようになっています。

    今その両親は「http://www.anchoredforsafety.org/」というウェブサイトを立ち上げています。このウェブサイトの統計によると、1979年から現在にかけて、サッカーゴールでの死亡者は38人に上るとのことです。


    2014-08-01-14
    photo by susieq3c

    現在、北米では多くのサッカーゴールが危険な状態のままで使用されており、転倒防止の法案も可決されていません。

    少年の両親らは、最終的にすべてのサッカーゴールを固定すべきであると主張し、長期的な目標として、サッカーゴールの新たな設計を推進することだとしています。


    ・関連リンク

    Soccer goal deaths: This has happened before(cbc)
    http://www.cbc.ca/news/canada/toronto/soccer-goal-deaths-this-has-happened-before-1.2723639

    SHARE!

    各アイコンをクリックするとポップアップします(Feedlyは別窓)。

    ・この記事を「


    | |


    【おすすめ記事】低脂肪食の健康説や卵のコレステロール上昇は実は嘘? コレステロールと脂肪に関する「9つの大きな嘘」

    ←前の記事
    USBドライブのリスク 目には見えないハッカーの手口
    次の記事→
    プロのスタントマンが魅せる、驚きのジャンプ
    

    この記事を見た人はこんな記事も見ています

    食糧危機の改善に高栄養、「食用昆虫」の文化は全世界に広まるか

    食糧危機の改善に高栄養、「食用昆虫」の文化は全世界に広まるか

    迷子になって25年、行方不明だった息子が「Google Earth」を用いて母親を発見する

    迷子になって25年、行方不明だった息子が「Google Earth」を用いて母親を発見する

    経済ライフラインで使用されていたガザのトンネルは、今イスラエルへの攻撃に使われる

    経済ライフラインで使用されていたガザのトンネルは、今イスラエルへの攻撃に使われる

    寿司好きの中国人男性の体内に大量の寄生虫に見つかる - 中国

    寿司好きの中国人男性の体内に大量の寄生虫に見つかる - 中国

    NASAと衛星打ち上げ企業による「アンタレスロケット打ち上げ」が失敗、大爆発を起こす映像

    NASAと衛星打ち上げ企業による「アンタレスロケット打ち上げ」が失敗、大爆発を起こす映像

    Amazonが「.buy」ドメインを460万ドル(5億円)で購入

    Amazonが「.buy」ドメインを460万ドル(5億円)で購入

    日本で今年もイルカ漁が開始、反対団体はイルカ漁反対のデモを行う

    日本で今年もイルカ漁が開始、反対団体はイルカ漁反対のデモを行う

    「赤ちゃんを巨大なニシキヘビと遊ばせる」映像が物議を醸す

    「赤ちゃんを巨大なニシキヘビと遊ばせる」映像が物議を醸す

    ブラックマーケットで入手した母乳は「HIVの感染源」となる可能性

    ブラックマーケットで入手した母乳は「HIVの感染源」となる可能性

    オーストラリアの海岸に「奇妙な緑色の物体」が大量に出現する

    オーストラリアの海岸に「奇妙な緑色の物体」が大量に出現する


    社会」カテゴリーに関連する最新記事

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か

    生まれた時から手足の無いキリスト教伝道師「ニック・ブイヂ」

    生まれた時から手足の無いキリスト教伝道師「ニック・ブイヂ」

    「少女が実銃を使って撮影」を行うも制御出来ずにカメラマンに向けて発砲

    「少女が実銃を使って撮影」を行うも制御出来ずにカメラマンに向けて発砲

    ニューヨークにて水道管が破裂「地下鉄に大量の水」が流れこむ

    ニューヨークにて水道管が破裂「地下鉄に大量の水」が流れこむ

    かつて「ヒーローと呼ばれた男」が子供への性的虐待で逮捕される

    かつて「ヒーローと呼ばれた男」が子供への性的虐待で逮捕される

    トルコ政府がYoutubeとTwitterへの「アクセスを遮断」

    トルコ政府がYoutubeとTwitterへの「アクセスを遮断」

    従業員は企業の大切な情報を売ることに「良心の呵責」を持っていない

    従業員は企業の大切な情報を売ることに「良心の呵責」を持っていない

    マイケル・ジャクソン、虐待の被害者らに「2億ドルの口止め料」を渡していた 弁護士が主張

    マイケル・ジャクソン、虐待の被害者らに「2億ドルの口止め料」を渡していた 弁護士が主張

    つんく♂氏が喉頭ガンの治療により「声帯を切除」したことを公表、声を失う

    つんく♂氏が喉頭ガンの治療により「声帯を切除」したことを公表、声を失う


    新着記事 - 10件

    FF7を「ファミコンで再現」する企画が完了、あらゆる要素がFC仕様に

    FF7を「ファミコンで再現」する企画が完了、あらゆる要素がFC仕様に

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    スウェーデンの兄弟が世界初「ドーナツを宇宙に飛ばす」挑戦を行う

    スウェーデンの兄弟が世界初「ドーナツを宇宙に飛ばす」挑戦を行う

    宇宙飛行士の父親に向けて娘が「世界最大の自動車文字」でメッセージを贈る

    宇宙飛行士の父親に向けて娘が「世界最大の自動車文字」でメッセージを贈る

    「多用途四輪車(ホンダパイオニア700)でのウィリー走行」での世界記録

    「多用途四輪車(ホンダパイオニア700)でのウィリー走行」での世界記録

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か


    ←前の記事
    USBドライブのリスク 目には見えないハッカーの手口
    次の記事→
    プロのスタントマンが魅せる、驚きのジャンプ