• 「視力によって変化する不思議な絵」の原理

    

    「視力によって変化する不思議な絵」の原理

    少し前に話題になったドレスの色の違いのように、目の錯覚によって我々の見えるものは全てが真実であるとは限りません。

    錯視の種類は多くありますが、今回紹介するのは視力によって見えるものが変化するという特殊な絵です。

    これは非常に有名な絵で、視力によって「アインシュタイン」あるいは「マリリン・モンロー」に見えるのです。

    しかし何故視力によって見えるものが変化するのか、そしてこの絵は一体どのように作られたのでしょうか。



    How Good Is Your Eyesight? (TEST)
    https://www.youtube.com/watch?v=tB5-JahAXfc



    不思議な画像


    まず通常の距離でこの絵を見て下さい。アインシュタインかマリリン・モンローのどちらに見えるでしょうか。
    2015-04-05-2


    もしあなたが眼鏡もしくはコンタクトを使用しているならば、その絵はアインシュタインに見えるでしょう。
    2015-04-05-3


    しかし、それらを外して見てみると、今度はマリリン・モンローに見えるはずです。
    2015-04-05-4


    ただ、実際には絵の距離によって見える絵が変化するのであって、遠い場所から見るとその絵はマリリン・モンローに見えるでしょう。
    2015-04-05-6


    そして至近距離から見ると、この絵はアインシュタインとなります。
    2015-04-05-7


    とはいえ、視力には個人差があるため、どれくらいの距離で絵が変化するのかは人によります。
    2015-04-05-8


    どうしてもアインシュタインが見えないという人は目を細めてみると変化するかもしれません。
    2015-04-05-9


    ハイブリッドイメージ


    この特殊な画像はハイブリッドイメージ(Hybrid Image)と言い、低空間周波数の画像と高空間周波数の画像を用いて作られています。
    2015-04-05-10


    そしてこの2つの画像を合わせることでハイブリッドイメージが出来上がり(PDF)ます。
    2015-04-05-11


    強調される場所によって見え方が異なる


    口ヒゲや皺などをはっきりと見ることが出来れば、画像はアインシュタインのように見えます。
    2015-04-05-12


    しかし視力が悪かったり画像を遠くから見ると、口ひげや皺よりも口や鼻、髪が強調されるようになり、マリリン・モンローが現れるのです。
    2015-04-05-13


    なお、この錯視画像はマサチューセッツ大学教授のAude Olivia氏が作成し、科学誌「New Scientist」2007年3月31日号で初めて発表されたものですが、Olivia氏はこの他にもハイブリッドイメージを複数公開しています。

    SHARE!

    各アイコンをクリックするとポップアップします(Feedlyは別窓)。

    ・この記事を「


    | | |


    【おすすめ記事】車に轢かれて死んだと思われた猫が数日後、自力で「墓から這い上がる」

    ←前の記事
    世界最大のロボット競技「ロボリンピック」が再び開催
    次の記事→
    汗っかきに朗報「汗に反応して良い香りが発生」する香水が開発される
    

    この記事を見た人はこんな記事も見ています

    親密なキスをすることで「8000万個もの細菌」が相手に移ることが明らかに

    親密なキスをすることで「8000万個もの細菌」が相手に移ることが明らかに

    「向精神薬を使用」することで「自閉症」の症状が緩和する可能性

    「向精神薬を使用」することで「自閉症」の症状が緩和する可能性

    朝食は1日の中でもっとも重要な食事である

    朝食は1日の中でもっとも重要な食事である

    電子タバコは50000人以上もの人々の命を救うことが可能

    電子タバコは50000人以上もの人々の命を救うことが可能

    人類は現在も巨大な進化をしている途中である

    人類は現在も巨大な進化をしている途中である

    汗っかきに朗報「汗に反応して良い香りが発生」する香水が開発される

    汗っかきに朗報「汗に反応して良い香りが発生」する香水が開発される

    低脂肪食の健康説や卵のコレステロール上昇は実は嘘? コレステロールと脂肪に関する「9つの大きな嘘」

    低脂肪食の健康説や卵のコレステロール上昇は実は嘘? コレステロールと脂肪に関する「9つの大きな嘘」

    「24時間で250kcal以上消費」カプサイシンは白色脂肪を褐色脂肪に変化させる力があることが判明

    「24時間で250kcal以上消費」カプサイシンは白色脂肪を褐色脂肪に変化させる力があることが判明

    「電子タバコ」は規制すべきであると米国心臓協会が提言

    「電子タバコ」は規制すべきであると米国心臓協会が提言

    ハーバード大学幹細胞研究所が「脳の発達に不可欠」なタンパク質を特定

    ハーバード大学幹細胞研究所が「脳の発達に不可欠」なタンパク質を特定


    サイエンス」カテゴリーに関連する最新記事

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    何故我々は「アレルギー」を持っているのか

    何故我々は「アレルギー」を持っているのか

    汗っかきに朗報「汗に反応して良い香りが発生」する香水が開発される

    汗っかきに朗報「汗に反応して良い香りが発生」する香水が開発される

    「腐肉を食べる動物(腐肉食動物)」は何故病気にならないのか

    「腐肉を食べる動物(腐肉食動物)」は何故病気にならないのか

    飛行機(航空機)内で「携帯電話を使用」してはいけない理由

    飛行機(航空機)内で「携帯電話を使用」してはいけない理由

    ハーバード大学幹細胞研究所が「脳の発達に不可欠」なタンパク質を特定

    ハーバード大学幹細胞研究所が「脳の発達に不可欠」なタンパク質を特定

    蜜蜂が地球上から消えると「人類は絶滅する」その理由

    蜜蜂が地球上から消えると「人類は絶滅する」その理由


    新着記事 - 10件

    FF7を「ファミコンで再現」する企画が完了、あらゆる要素がFC仕様に

    FF7を「ファミコンで再現」する企画が完了、あらゆる要素がFC仕様に

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    スウェーデンの兄弟が世界初「ドーナツを宇宙に飛ばす」挑戦を行う

    スウェーデンの兄弟が世界初「ドーナツを宇宙に飛ばす」挑戦を行う

    宇宙飛行士の父親に向けて娘が「世界最大の自動車文字」でメッセージを贈る

    宇宙飛行士の父親に向けて娘が「世界最大の自動車文字」でメッセージを贈る

    「多用途四輪車(ホンダパイオニア700)でのウィリー走行」での世界記録

    「多用途四輪車(ホンダパイオニア700)でのウィリー走行」での世界記録

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か


    ←前の記事
    世界最大のロボット競技「ロボリンピック」が再び開催
    次の記事→
    汗っかきに朗報「汗に反応して良い香りが発生」する香水が開発される