• 高所恐怖症に閉所、先端など我々が「恐怖症を持っている理由」

    

    高所恐怖症に閉所、先端など我々が「恐怖症を持っている理由」

    高所恐怖症や閉所恐怖症、または先端恐怖症など、恐怖症には様々な種類が存在しています。

    これらは異常な拒絶反応を引き起こすため、我々の行動を妨げます。

    更にこれは人類だけでなく、他の生物も同様に発生しています。

    しかし、我々生物はなぜ恐怖症を持ってしまったのでしょうか。



    Can You Be Scared To Death?
    https://www.youtube.com/watch?v=bV--EABqhiY



    恐怖症のカテゴリーは大きく分けて4つ


    手のひらの発汗や呼吸の高速化、そして心臓が早くなる等、私達の多くは大きな恐怖を経験した際にこれらを経験しています。
    2015-03-08-1


    これらの症状は恐怖を感じた時に発生しますが、何故こんなことが起きてしまうのでしょうか。
    2015-03-08-2


    恐怖症のカテゴリーには大きく分けて4つあり、クモ恐怖症のような動物に関連する恐怖症、高所恐怖症のような自然環境に関連する恐怖症、または先端恐怖症閉所恐怖症のような状況に関する恐怖症、そして先端恐怖症のような血液注射傷害恐怖症に関する恐怖症などが一般的です。
    2015-03-08-3


    恐怖症は「遺伝子」が原因


    今日の科学では、これら症状が発生する原因として「先祖が傷ついたきっかけになったものに由来している。」ことを示唆しており、これら恐怖は死を回避するために過去から遺伝子に刻まれ続け、結果として本能的にそれらを避ける遺伝子がより一般的となりました。
    2015-03-08-4


    そのため、もしあなたがこれらの恐怖を持っている場合、それは親から遺伝した可能性があります。
    2015-03-08-5


    もちろん、自身の経験によることでも発症しますが、実際にはこれらは脅威ではないにも関わらず、知覚することで自身の感情をコントロールされてしまいます。
    2015-03-08-6


    恐怖症は時に命を奪うことも


    しかし脅威ではないと言っても、実際にあなたを死に陥れないという訳ではありません。
    2015-03-08-7


    あなたが怖がった反応を見せた場合、それが引き金となってアドレナリンが多く分泌され、その結果、心臓はあなたの全身に多くの血液と酸素を運び始めます。
    2015-03-08-8


    それにより、あなたは一時的に強化された状態になりますが、余りにも大きな恐怖は過剰な反応を引き起こす可能性があり、それが原因で心臓に損傷を与えて最悪の場合には心停止に陥ります。
    2015-03-08-9


    それを示唆するように、何百ものアスリート選手は激しい競技中にアドレナリンの過剰分泌を経験しています。またそれは選手だけでなく、観客にも起こり得る可能性があり、サッカーワールドカップの開催中に心臓発作の件数が倍増したとの研究が発表されています。
    2015-03-08-10


    恐怖症は訓練によって克服出来る


    だからと言って、恐怖から逃れるために隠れる必要はありません。健全な心機能を持った人々ならばそのような事が起きるのは極稀であると研究者達は知っています。そして、自分自身を訓練することで実際に彼らが生み出すアドレナリンの量を減らすことができ、恐怖に打ち勝つ事が出来ることも判明しています。
    2015-03-08-11


    一部の人が持っている異常な恐怖症


    恐怖症では高所恐怖症、閉所恐怖症等がポピュラーな恐怖症となっていますが、それ以外にごく一部の人々が実際に持っている変わった恐怖症が存在しています。

    10 Extremely BIZARRE Phobias People Actually Have!
    https://www.youtube.com/watch?v=ZY7fz_9kStQ


    この映像に関しては別の記事で紹介する予定です。

    SHARE!

    各アイコンをクリックするとポップアップします(Feedlyは別窓)。

    ・この記事を「


    |


    【おすすめ記事】マイケル・ジャクソン、虐待の被害者らに「2億ドルの口止め料」を渡していた 弁護士が主張

    ←前の記事
    ドアが閉まると誰もいない「魔法のドア」を使ったイタズラ
    次の記事→
    「血液型ダイエット」は本当に効果があるのか 栄養の専門家による考察
    

    この記事を見た人はこんな記事も見ています

    父親の喫煙は生まれてくる子供を「喘息」にする可能性

    父親の喫煙は生まれてくる子供を「喘息」にする可能性

    「出産月」は赤ちゃんの健康に影響を与える可能性がある

    「出産月」は赤ちゃんの健康に影響を与える可能性がある

    「第三の目」バイオニック・アイは視覚障害者に新たな光を宿すことが出来る

    「第三の目」バイオニック・アイは視覚障害者に新たな光を宿すことが出来る

    「プレッシャーの影響で息苦しくなる」のを回避する方法を心理学者が提言

    「プレッシャーの影響で息苦しくなる」のを回避する方法を心理学者が提言

    木星の衛星ガニメデに地下海の存在 「生命の可能性」が高まる

    木星の衛星ガニメデに地下海の存在 「生命の可能性」が高まる

    筋肉トレーニングの「前後」には栄養を摂取しなければならない

    筋肉トレーニングの「前後」には栄養を摂取しなければならない

    「道徳の違反から生じる嫌悪感」は喉の渇きを忘れさせる

    「道徳の違反から生じる嫌悪感」は喉の渇きを忘れさせる

    「エボラウィルス」とは一体何か

    「エボラウィルス」とは一体何か

    南極の氷が記録的な増加、しかし北極の氷は逆に減り続けている

    南極の氷が記録的な増加、しかし北極の氷は逆に減り続けている

    ブラジャーを着けることは「乳ガン」の原因にはならない

    ブラジャーを着けることは「乳ガン」の原因にはならない


    サイエンス」カテゴリーに関連する最新記事

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    何故我々は「アレルギー」を持っているのか

    何故我々は「アレルギー」を持っているのか

    汗っかきに朗報「汗に反応して良い香りが発生」する香水が開発される

    汗っかきに朗報「汗に反応して良い香りが発生」する香水が開発される

    「視力によって変化する不思議な絵」の原理

    「視力によって変化する不思議な絵」の原理

    「腐肉を食べる動物(腐肉食動物)」は何故病気にならないのか

    「腐肉を食べる動物(腐肉食動物)」は何故病気にならないのか

    飛行機(航空機)内で「携帯電話を使用」してはいけない理由

    飛行機(航空機)内で「携帯電話を使用」してはいけない理由

    ハーバード大学幹細胞研究所が「脳の発達に不可欠」なタンパク質を特定

    ハーバード大学幹細胞研究所が「脳の発達に不可欠」なタンパク質を特定


    新着記事 - 10件

    FF7を「ファミコンで再現」する企画が完了、あらゆる要素がFC仕様に

    FF7を「ファミコンで再現」する企画が完了、あらゆる要素がFC仕様に

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    スウェーデンの兄弟が世界初「ドーナツを宇宙に飛ばす」挑戦を行う

    スウェーデンの兄弟が世界初「ドーナツを宇宙に飛ばす」挑戦を行う

    宇宙飛行士の父親に向けて娘が「世界最大の自動車文字」でメッセージを贈る

    宇宙飛行士の父親に向けて娘が「世界最大の自動車文字」でメッセージを贈る

    「多用途四輪車(ホンダパイオニア700)でのウィリー走行」での世界記録

    「多用途四輪車(ホンダパイオニア700)でのウィリー走行」での世界記録

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か


    ←前の記事
    ドアが閉まると誰もいない「魔法のドア」を使ったイタズラ
    次の記事→
    「血液型ダイエット」は本当に効果があるのか 栄養の専門家による考察