• スコットランドの研究者達が「初めて光の速度を低下」させる

    

    スコットランドの研究者達が「初めて光の速度を低下」させる

    一般的に空気中を伝播する光の速度は一定です。

    水の中では屈折することから多少減速しますが、通常では1秒当たり186282マイル(約30万km)の速度で光は移動しており、この速度は絶対的で変更することは不可能だと考えられてきました。

    しかし、今回スコットランドの研究者達は不可能だと言われた光の速度を初めて減速させることが出来たとの報告をしています。



    Scientists slow the speed of light
    http://www.bbc.com/news/uk-scotland-glasgow-west-30944584

    Scottish scientists have slowed the speed of light
    http://www.wired.co.uk/news/archive/2015-01/23/speed-of-light-slowed

    Scientists slow down the speed of light travelling through air
    http://www.gla.ac.uk/news/headline_388852_en.html

    Spatially structured photons that travel in free space slower than the speed of light
    http://www.sciencemag.org/content/early/2015/01/21/science.aaa3035.abstract
    2015-01-26-1

    特殊なマスクを経由することで光の速度が減速


    スコットランド、グラスゴー(Glasgow)大学のMiles Padgett博士率いる光学研究グループ及び、理論物理学者のStephen Barnett博士とヘリオット·ワット大学のDaniele Faccio博士は、特別に構成された競馬場のような形をした距離1mの道に向けて通常の光と特殊なマスクを介した光を使い、レースを行いました。

    実験の開始後、光子がフィニッシュラインに到達したことを確認した後に詳しく測定してみると、何も介していない光子よりもマスクによって再形成された光はゆっくり移動していたことを発見。

    マスクを介した光子は光速以下となっており、それはマスクを介していないものと比べて最大20ほどの波長遅延となっていたことが判明しました。


    ガラスや水とは異なる減速効果


    つまり、この特殊なマスクを介して光を通過した場合、光子は空間をよりゆっくりと移動するということを示しています。

    これはガラスや水などの媒体を介して光を通過させる減速効果とは大きく異なっており、これら媒体から抜けだした後は本来の光の速度に戻りますが、マスクを介して光を通過させた場合は光の最高速度自体を遅延させることになっています。

    なお、これはガウシアンビーム及びベッセルビームでも遅延の確認がとれているとのことです。


    今後の研究により日常生活にも活躍する可能性


    2015-01-26-3
    photo by James Jordan

    「我々が確認した光の遅延は1メートルの伝播距離のうち、数マイクロメートル程度の遅延でしたが、小さくてもそれは重要です。」

    論文の共著者の一人Daniel Giovannini氏はそう述べ、もう一人の共著者であるJacquiline Romero氏は「ビームを作成するために使用されたレンズが大きい時及びライトの焦点が合わせられる距離が小さい時は、短い範囲で効果があてはまるのだけを意味しているので、遅延の効果が最も大きい。」と話しています。

    そしてMiles Padgett博士はこの研究に対し「研究結果は私たちに光の特性を考えるための新しい方法を提供しており、今後も我々はさらなる発見の可能性を模索し続けることを考えています。また、今回の結果がどのような波の理論でも適用可能であると予想しています。例えば、音波においても同様の遅延を作成することが出来ました。」と述べていました。

    更に博士は「この研究結果がより前進すると、物理学以外にも日常生活でも応用することが出来る。」とも話しており、今回の研究結果は大きな可能性を持っているようです。

    eyecatch by Martin Fisch

    SHARE!

    各アイコンをクリックするとポップアップします(Feedlyは別窓)。

    ・この記事を「


    |


    【おすすめ記事】クレイジーな技を連発! シーソーで華麗なアクロバティックを魅せる男達

    ←前の記事
    脂肪が多くても非常に健康に良い「10の食品」
    次の記事→
    グレートバリアリーフのサンゴ礁に更なるダメージ、将来的に10%未満にまで減少する可能性
    

    この記事を見た人はこんな記事も見ています

    100年以上前に絶滅したと考えられていたカエルが「竹の中」で生存確認される

    100年以上前に絶滅したと考えられていたカエルが「竹の中」で生存確認される

    「出産月」は赤ちゃんの健康に影響を与える可能性がある

    「出産月」は赤ちゃんの健康に影響を与える可能性がある

    睡眠不足で死ぬ?研究者が「不眠症」と「死」の関連を発見

    睡眠不足で死ぬ?研究者が「不眠症」と「死」の関連を発見

    どうすれば「否定的な思考」を消去できるのか

    どうすれば「否定的な思考」を消去できるのか

    デスクワークなどの長い間座ったままの姿勢は「身体にかなり悪い影響」を与える

    デスクワークなどの長い間座ったままの姿勢は「身体にかなり悪い影響」を与える

    人工甘味料は糖分の吸収に異常を引き起こし、糖尿病や肥満のリスクを上昇させる

    人工甘味料は糖分の吸収に異常を引き起こし、糖尿病や肥満のリスクを上昇させる

    2014年8月はNASAの記録上、「最も気温が高い8月」だった

    2014年8月はNASAの記録上、「最も気温が高い8月」だった

    宇宙に存在する「クエーサー」とは一体何なのか

    宇宙に存在する「クエーサー」とは一体何なのか

    「道徳の違反から生じる嫌悪感」は喉の渇きを忘れさせる

    「道徳の違反から生じる嫌悪感」は喉の渇きを忘れさせる

    いじめを受けた子供は「夢遊病」「夜が怖い」「悪夢」を起こす可能性を上昇させる

    いじめを受けた子供は「夢遊病」「夜が怖い」「悪夢」を起こす可能性を上昇させる


    サイエンス」カテゴリーに関連する最新記事

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    何故我々は「アレルギー」を持っているのか

    何故我々は「アレルギー」を持っているのか

    汗っかきに朗報「汗に反応して良い香りが発生」する香水が開発される

    汗っかきに朗報「汗に反応して良い香りが発生」する香水が開発される

    「視力によって変化する不思議な絵」の原理

    「視力によって変化する不思議な絵」の原理

    「腐肉を食べる動物(腐肉食動物)」は何故病気にならないのか

    「腐肉を食べる動物(腐肉食動物)」は何故病気にならないのか

    飛行機(航空機)内で「携帯電話を使用」してはいけない理由

    飛行機(航空機)内で「携帯電話を使用」してはいけない理由

    ハーバード大学幹細胞研究所が「脳の発達に不可欠」なタンパク質を特定

    ハーバード大学幹細胞研究所が「脳の発達に不可欠」なタンパク質を特定


    新着記事 - 10件

    FF7を「ファミコンで再現」する企画が完了、あらゆる要素がFC仕様に

    FF7を「ファミコンで再現」する企画が完了、あらゆる要素がFC仕様に

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    スウェーデンの兄弟が世界初「ドーナツを宇宙に飛ばす」挑戦を行う

    スウェーデンの兄弟が世界初「ドーナツを宇宙に飛ばす」挑戦を行う

    宇宙飛行士の父親に向けて娘が「世界最大の自動車文字」でメッセージを贈る

    宇宙飛行士の父親に向けて娘が「世界最大の自動車文字」でメッセージを贈る

    「多用途四輪車(ホンダパイオニア700)でのウィリー走行」での世界記録

    「多用途四輪車(ホンダパイオニア700)でのウィリー走行」での世界記録

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か


    ←前の記事
    脂肪が多くても非常に健康に良い「10の食品」
    次の記事→
    グレートバリアリーフのサンゴ礁に更なるダメージ、将来的に10%未満にまで減少する可能性