• 親密なキスをすることで「8000万個もの細菌」が相手に移ることが明らかに

    

    親密なキスをすることで「8000万個もの細菌」が相手に移ることが明らかに

    愛が我々を強くすることは科学的にも証明されており、愛し愛されることは自身を大きく強くさせます。

    それを表すものに愛情表現があり、セクシャルなものから親が子供に対して行うものなど、愛情表現には様々な表現方法があります。

    その一つである「キス」もまた、愛情表現の中でもポピュラーな表現方法ですが、新たな研究によると、親密なキスを10秒間行った場合8000万個もの細菌が相手に移動していることが発覚しています。



    Up to 80 million bacteria sealed with a kiss
    http://www.sciencedaily.com/releases/2014/11/141116211033.htm

    Shaping the oral microbiota through intimate kissing
    http://www.microbiomejournal.com/content/2/1/41
    2014-11-18-6

    生物医学等を扱うMicrobiome誌に掲載された研究によると、およそ10秒の親密なキスの間に8000万個の細菌が相手に転送されると発表しています。

    MicropiaTNOの研究者らは、21組のカップルにキスに関するアンケートを取り、彼らの唾液および口腔に存在する細菌を調査するために、綿棒を使ってサンプルを摂取しました。

    その結果、親密なキスの回数が比較的多いカップルは、唾液に含まれる細菌が両者とも同じになっていたことが判明しています。そして、一日あたり少なくとも9回キスを行っているカップルに関しては、唾液に含まれる細菌を大量に共有していたことが発覚しました。

    2014-11-18-8
    photo by Juliana Coutinho

    論文筆頭著者でTNOの微生物学とシステム生物学部門、Micropia博物館の顧問であるRemco Kort氏は「舌や唾液の交換による親密なキスは、人間特有の求愛行動であると思われています。我々の知る限り、その行為によって、彼らの口腔内にいる細菌はより多く類似していることが判明しています。」と述べています。

    細菌の転送を定量化するための制御キス実験では、まず最初に夫婦それぞれにラクトバチルスビフィズス菌などの特定の品種を含むプロバイオティクス飲料を飲用し、親密なキスを行ってもらいました。

    そしてその後に調査すると、親密なキスの後では、唾液中のプロバイオティクス細菌の量が3倍に増加していることが判明、8000万個の細菌が10秒間のキスによって転送されたことが明らかになっています。

    なお、研究とは直接関係ありませんが、キスアンケートの結果について、男性の74パーセントが同じカップルの女性よりも高い親密なキス回数を報告しており、女性では一日当たり平均5回のキスを報告していましたが、男性ではそれの2倍に当たる10回を報告していました。

    研究者はこの結果に、興味深いと印象付けています。

    eyecatch by Sarah (Rosenau) Korf

    SHARE!

    各アイコンをクリックするとポップアップします(Feedlyは別窓)。

    ・この記事を「


    |


    【おすすめ記事】食欲増進だけでなく、満腹感を後押し 「5つの非常に健康に良い食品」

    ←前の記事
    高齢出産によって生まれた赤ちゃんは「高血圧のリスク」が低い?
    次の記事→
    イスラム国が捕虜の「Peter Kassig氏と十数名のシリア兵」の殺害映像を公開
    

    この記事を見た人はこんな記事も見ています

    内気な人ほど「オンラインゲーム」で友達を作る割合が多いという研究結果

    内気な人ほど「オンラインゲーム」で友達を作る割合が多いという研究結果

    科学で解決!ドレスの色が「青と黒」「白と金」と違って見える理由

    科学で解決!ドレスの色が「青と黒」「白と金」と違って見える理由

    木星の衛星ガニメデに地下海の存在 「生命の可能性」が高まる

    木星の衛星ガニメデに地下海の存在 「生命の可能性」が高まる

    コーヒー(カフェイン)が我々の脳に与える影響

    コーヒー(カフェイン)が我々の脳に与える影響

    ハーバード大学が初めて「インスリン産生細胞(β細胞)」の培養に成功 「糖尿病」治療の希望に

    ハーバード大学が初めて「インスリン産生細胞(β細胞)」の培養に成功 「糖尿病」治療の希望に

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    前立腺ガンから身を守るための「7つの方法」

    前立腺ガンから身を守るための「7つの方法」

    「電子タバコ」は規制すべきであると米国心臓協会が提言

    「電子タバコ」は規制すべきであると米国心臓協会が提言

    妊婦がコーヒーを飲むと「赤ちゃんの白血病リスクが上昇する」

    妊婦がコーヒーを飲むと「赤ちゃんの白血病リスクが上昇する」

    何故私達には「血液型」があるのか?

    何故私達には「血液型」があるのか?


    サイエンス」カテゴリーに関連する最新記事

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    何故我々は「アレルギー」を持っているのか

    何故我々は「アレルギー」を持っているのか

    汗っかきに朗報「汗に反応して良い香りが発生」する香水が開発される

    汗っかきに朗報「汗に反応して良い香りが発生」する香水が開発される

    「視力によって変化する不思議な絵」の原理

    「視力によって変化する不思議な絵」の原理

    「腐肉を食べる動物(腐肉食動物)」は何故病気にならないのか

    「腐肉を食べる動物(腐肉食動物)」は何故病気にならないのか

    飛行機(航空機)内で「携帯電話を使用」してはいけない理由

    飛行機(航空機)内で「携帯電話を使用」してはいけない理由

    ハーバード大学幹細胞研究所が「脳の発達に不可欠」なタンパク質を特定

    ハーバード大学幹細胞研究所が「脳の発達に不可欠」なタンパク質を特定


    新着記事 - 10件

    FF7を「ファミコンで再現」する企画が完了、あらゆる要素がFC仕様に

    FF7を「ファミコンで再現」する企画が完了、あらゆる要素がFC仕様に

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    スウェーデンの兄弟が世界初「ドーナツを宇宙に飛ばす」挑戦を行う

    スウェーデンの兄弟が世界初「ドーナツを宇宙に飛ばす」挑戦を行う

    宇宙飛行士の父親に向けて娘が「世界最大の自動車文字」でメッセージを贈る

    宇宙飛行士の父親に向けて娘が「世界最大の自動車文字」でメッセージを贈る

    「多用途四輪車(ホンダパイオニア700)でのウィリー走行」での世界記録

    「多用途四輪車(ホンダパイオニア700)でのウィリー走行」での世界記録

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か


    ←前の記事
    高齢出産によって生まれた赤ちゃんは「高血圧のリスク」が低い?
    次の記事→
    イスラム国が捕虜の「Peter Kassig氏と十数名のシリア兵」の殺害映像を公開