• 夜勤付きのシフト業務はあなたの「脳の活動を鈍らせる」

    

    夜勤付きのシフト業務はあなたの「脳の活動を鈍らせる」

    一部の業種では業務上「夜勤業務」が不可欠なものがあります。その仕事に就いている以上、夜勤業務を行うのは仕方ありません。

    ただこれは健康に被害があることが判っており、研究者によると、夜勤業務のあるシフトで仕事を行っていると、脳の活動を鈍らせ、更に回復には時間がかかると警告しています。



    Shift work dulls your brain - report
    http://www.bbc.com/news/health-29879521
    2014-11-05-3

    Occupational and Environmental Medicine誌に掲載された研究によると、時間差のあるシフトで勤務をし続けた場合、6年間で10歳も脳が年をとるということを報告しています。

    我々には生まれつき体内時計が備わっていて夜には眠るように設定されています。変化の大きいシフトは、それに逆らって活動をすることから脳に負担をかけてしまいます。

    この調査結果は、認知症患者の多くが質の低い睡眠をしていることに繋がると考えられています。

    Swansea大学とToulouse大学の研究も同様の研究を行っており、フランスで3000人の記憶と思考スピードに関して調査を行っています。

    我々は加齢によって記憶と思考スピードが低下しますが、調査結果では、変化の大きいシフト業務では低下スピードが加速していることが判明しています。

    幸いにもシフト業務を停止した場合、脳のダメージは回復することも判っていますが、それには5年もの歳月が必要になるとのことです。

    2014-11-05-5
    photo by Presence Inc

    Swansea大学の心理学部教授、Philip Tucker氏は夜勤をすることを薦めていませんが、それ無しでは社会が成り立たないため、「必要悪」であると述べています。

    また彼は、危険の兆候を知るために定期的に健康診断で認知パフォーマンステストを受けることを勧めています。

    英国医学研究評議会、分子生物学研究所の研究員、Michael Hastings博士は「ダメージを防ぐためには知覚可能な24時間のパターンを促進する必要があり、それは陽の光を浴びることと睡眠ホルモンであるメラトニンを発生させることで、そして夜には適切な薬物治療を行う必要があります。」と述べています。

    eyecatch by Presence Inc

    SHARE!

    各アイコンをクリックするとポップアップします(Feedlyは別窓)。

    ・この記事を「


    |


    【おすすめ記事】どうすれば「否定的な思考」を消去できるのか

    ←前の記事
    ボルチモアの下水処理場で「1億匹のクモ」が発見される
    次の記事→
    日本のウィスキー「山崎」が世界最高のウィスキーに選ばれる
    

    この記事を見た人はこんな記事も見ています

    ハーバード大学が初めて「インスリン産生細胞(β細胞)」の培養に成功 「糖尿病」治療の希望に

    ハーバード大学が初めて「インスリン産生細胞(β細胞)」の培養に成功 「糖尿病」治療の希望に

    我々が「火星」に住むことは実際に可能か

    我々が「火星」に住むことは実際に可能か

    数独を行うよりも「2つの言語を話す」方が脳に良い影響を与える

    数独を行うよりも「2つの言語を話す」方が脳に良い影響を与える

    睡眠不足で死ぬ?研究者が「不眠症」と「死」の関連を発見

    睡眠不足で死ぬ?研究者が「不眠症」と「死」の関連を発見

    ソーシャルネットワークがもたらす「5つの脳の変化」

    ソーシャルネットワークがもたらす「5つの脳の変化」

    人間の腸内バクテリアは、宿主の食事を操作する

    人間の腸内バクテリアは、宿主の食事を操作する

    「道徳の違反から生じる嫌悪感」は喉の渇きを忘れさせる

    「道徳の違反から生じる嫌悪感」は喉の渇きを忘れさせる

    低脂肪食の健康説や卵のコレステロール上昇は実は嘘? コレステロールと脂肪に関する「9つの大きな嘘」

    低脂肪食の健康説や卵のコレステロール上昇は実は嘘? コレステロールと脂肪に関する「9つの大きな嘘」

    「血液型ダイエット」は本当に効果があるのか 栄養の専門家による考察

    「血液型ダイエット」は本当に効果があるのか 栄養の専門家による考察

    「タランチュラの毒」はあなたの関節を保護出来る

    「タランチュラの毒」はあなたの関節を保護出来る


    サイエンス」カテゴリーに関連する最新記事

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    何故我々は「アレルギー」を持っているのか

    何故我々は「アレルギー」を持っているのか

    汗っかきに朗報「汗に反応して良い香りが発生」する香水が開発される

    汗っかきに朗報「汗に反応して良い香りが発生」する香水が開発される

    「視力によって変化する不思議な絵」の原理

    「視力によって変化する不思議な絵」の原理

    「腐肉を食べる動物(腐肉食動物)」は何故病気にならないのか

    「腐肉を食べる動物(腐肉食動物)」は何故病気にならないのか

    飛行機(航空機)内で「携帯電話を使用」してはいけない理由

    飛行機(航空機)内で「携帯電話を使用」してはいけない理由

    ハーバード大学幹細胞研究所が「脳の発達に不可欠」なタンパク質を特定

    ハーバード大学幹細胞研究所が「脳の発達に不可欠」なタンパク質を特定


    新着記事 - 10件

    FF7を「ファミコンで再現」する企画が完了、あらゆる要素がFC仕様に

    FF7を「ファミコンで再現」する企画が完了、あらゆる要素がFC仕様に

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    スウェーデンの兄弟が世界初「ドーナツを宇宙に飛ばす」挑戦を行う

    スウェーデンの兄弟が世界初「ドーナツを宇宙に飛ばす」挑戦を行う

    宇宙飛行士の父親に向けて娘が「世界最大の自動車文字」でメッセージを贈る

    宇宙飛行士の父親に向けて娘が「世界最大の自動車文字」でメッセージを贈る

    「多用途四輪車(ホンダパイオニア700)でのウィリー走行」での世界記録

    「多用途四輪車(ホンダパイオニア700)でのウィリー走行」での世界記録

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か


    ←前の記事
    ボルチモアの下水処理場で「1億匹のクモ」が発見される
    次の記事→
    日本のウィスキー「山崎」が世界最高のウィスキーに選ばれる