• 排泄物は何故ハエを傷つけないのか、遺伝子研究で原因が明らかに

    

    排泄物は何故ハエを傷つけないのか、遺伝子研究で原因が明らかに

    ハエは古来より人間にとって害虫とみなされる存在であり、人体や食物に近づいて大きな羽音で付きまとうだけでなく、病原菌を撒き散らすともみられ、ポリオウイルス、赤痢菌、サルモネラ、赤痢アメーバ、回虫卵、鞭虫卵などがハエによって媒介されることが知られています。

    ただ、動植物の遺体を分解する役割や、外傷患部の壊死した組織を食べさせる外科的治療法「マゴットセラピー」など、ハエは益虫としての面もあります。

    これらから察するに、何故ハエは不衛生な環境下でも生き延びることが出来るのかという疑問が湧きます。

    基本的にハエの中で病原菌を撒き散らすとされているのはイエバエ科に属するハエで、主にアジアやアフリカ等の熱帯域に多く分布しています。

    ただ、これらイエバエの抵抗性についての遺伝子研究は進展しておらず、原因が解明出来ていませんでした。

    しかし今回、研究者らは初めてイエバエの免疫および防御遺伝子配列の拡大数を発見したと報告しています。



    Genome reveals why poop wouldn’t hurt a fly
    http://www.futurity.org/fly-genome-dung-783392/

    House fly genome reveals expanded immune system
    http://www.news.cornell.edu/stories/2014/10/house-fly-genome-reveals-expanded-immune-system
    2014-10-17-2

    コーネル大学の昆虫学の教授であり、今回の論文の筆頭著者であるJeff Scott氏によると、イエバエの遺伝子はショウジョウバエの約2倍の大きさを持っており、免疫および防御遺伝子の拡大数を明らかにしています。

    そして、このハエの遺伝子配列の中には解毒作用のある酵素シトクロムP450が確認されており、これによって環境有害物質の代謝(解毒)を支援し、排泄物などの人間では害になる物質でもハエは生き延びることが出来るのです。

    更にイエバエはこの酵素の量が多く、イエバエの近親者であるツェツェバエはイエバエの半数しか持っていません。

    イエバエが何故多くの酵素を持っているのか、理由は明確ではありませんが、他にも化学受容器用の多くの遺伝子が明らかにされており、これによって様々な異物の検知をすることが可能になっています。

    2014-10-17-4
    photo by Kevin Dooley

    今後研究者らは、遺伝子の発現抑制を行うRNAiを使用することで、このハエが持っている毒素分解効果を抑制させる手段を探っていく方針で、抑制方法を解明することで、より強力な殺虫剤の開発を行うことが可能となります。

    今回の研究はコーネル大学だけでなく、オーバーン大学、ワシントン大学の一部研究者らも共著者となっています。

    なお、国立衛生研究所およびコーネル大学農事試験場はこの研究成果によって新たに研究資金を投入しています。

    eyecatch by Kevin Dooley

    SHARE!

    各アイコンをクリックするとポップアップします(Feedlyは別窓)。

    ・この記事を「


    | |


    【おすすめ記事】シベリアで新たな「大穴」が発見される

    ←前の記事
    第三の目「バイオニック・アイ」で盲目の男性が視力を取り戻す
    次の記事→
    まるで「リアルマリオカート」倉庫内をカートでトリッキーに走り回る映像が話題
    

    この記事を見た人はこんな記事も見ています

    内気な人ほど「オンラインゲーム」で友達を作る割合が多いという研究結果

    内気な人ほど「オンラインゲーム」で友達を作る割合が多いという研究結果

    「世界最大の真空設備」を使って「ボウリングの玉と羽毛」を同時に落とすとどうなるか

    「世界最大の真空設備」を使って「ボウリングの玉と羽毛」を同時に落とすとどうなるか

    「視力によって変化する不思議な絵」の原理

    「視力によって変化する不思議な絵」の原理

    「第三の目」バイオニック・アイは視覚障害者に新たな光を宿すことが出来る

    「第三の目」バイオニック・アイは視覚障害者に新たな光を宿すことが出来る

    水泳はあらゆる運動の中でも、「バランス感覚」を鍛える能力が高い

    水泳はあらゆる運動の中でも、「バランス感覚」を鍛える能力が高い

    「生野菜vs冷凍野菜」どちらがより栄養の保持に優れているのか

    「生野菜vs冷凍野菜」どちらがより栄養の保持に優れているのか

    100年以上前に絶滅したと考えられていたカエルが「竹の中」で生存確認される

    100年以上前に絶滅したと考えられていたカエルが「竹の中」で生存確認される

    馬は耳を用いてコミュニケーションを取ることが判明

    馬は耳を用いてコミュニケーションを取ることが判明

    「出産月」は赤ちゃんの健康に影響を与える可能性がある

    「出産月」は赤ちゃんの健康に影響を与える可能性がある

    どうすれば「否定的な思考」を消去できるのか

    どうすれば「否定的な思考」を消去できるのか


    サイエンス」カテゴリーに関連する最新記事

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    何故我々は「アレルギー」を持っているのか

    何故我々は「アレルギー」を持っているのか

    汗っかきに朗報「汗に反応して良い香りが発生」する香水が開発される

    汗っかきに朗報「汗に反応して良い香りが発生」する香水が開発される

    「視力によって変化する不思議な絵」の原理

    「視力によって変化する不思議な絵」の原理

    「腐肉を食べる動物(腐肉食動物)」は何故病気にならないのか

    「腐肉を食べる動物(腐肉食動物)」は何故病気にならないのか

    飛行機(航空機)内で「携帯電話を使用」してはいけない理由

    飛行機(航空機)内で「携帯電話を使用」してはいけない理由

    ハーバード大学幹細胞研究所が「脳の発達に不可欠」なタンパク質を特定

    ハーバード大学幹細胞研究所が「脳の発達に不可欠」なタンパク質を特定


    新着記事 - 10件

    FF7を「ファミコンで再現」する企画が完了、あらゆる要素がFC仕様に

    FF7を「ファミコンで再現」する企画が完了、あらゆる要素がFC仕様に

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    スウェーデンの兄弟が世界初「ドーナツを宇宙に飛ばす」挑戦を行う

    スウェーデンの兄弟が世界初「ドーナツを宇宙に飛ばす」挑戦を行う

    宇宙飛行士の父親に向けて娘が「世界最大の自動車文字」でメッセージを贈る

    宇宙飛行士の父親に向けて娘が「世界最大の自動車文字」でメッセージを贈る

    「多用途四輪車(ホンダパイオニア700)でのウィリー走行」での世界記録

    「多用途四輪車(ホンダパイオニア700)でのウィリー走行」での世界記録

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か


    ←前の記事
    第三の目「バイオニック・アイ」で盲目の男性が視力を取り戻す
    次の記事→
    まるで「リアルマリオカート」倉庫内をカートでトリッキーに走り回る映像が話題