• 3万年前に絶滅した巨大カンガルーは「跳ねずに歩いていた」

    

    3万年前に絶滅した巨大カンガルーは「跳ねずに歩いていた」

    カンガルーは主にオーストラリアでよく見かける有袋類の一種ですが、カンガルーという名称は「跳ぶもの」を意味する現地語「gangurru」が変化したものであると考えられており、その名の通り現在のカンガルーは跳ねながら移動を行います。

    しかし、今から3万年前に絶滅したとあるカンガルーは今のカンガルーとは異なり、「2mを超える身長」「うさぎのような小さい顔」「跳ねずに歩いていた」という事実が研究によって明らかになっています。



    Extinct giant kangaroos didn't hop, they walked
    http://www.newscientist.com/article/mg22429914.600-extinct-giant-kangaroos-didnt-hop-they-walked.html
    2014-10-16-12

    この小さな顔に大きな体が特徴のカンガルーは「Sthenurines」と呼ばれ、絶滅する3万年前までオーストラリアで1250万年もの間歩き回っていたと考えられています。

    ロードアイランド州、プロビデンス市に位置するブラウン大学の研究者、Christine Janis氏は「我々の証拠は、これら動物が人間のように一歩ずつ歩いていたことを証明しています。」と述べています。

    彼女と彼女のチームは、それぞれの動物の骨や筋肉の可能性の大きさと機能を調査するために、カンガルー科に属する66の種とsthenurinesを含んだ78の絶滅種の骨の測定の数百回行いました。

    調査の結果、Sthenurinesは人間や類人猿のように脚の体重を移動することによって移動する骨構造を持っていたことが判明します。

    2014-10-16-14
    photo by Corey Leopold

    Janis氏は「過去の彼らは現在のカンガルーよりも臀部に大きな筋肉を持っていました。」と話し、この部位の筋肉は歩行時に各脚を支えてきたと推測しています。

    また、現在のカンガルーには堅く第五の足のような尾を持っていますが、対してSthenurinesはそれらよりも短い尾を持っていることも判明しています。

    「これは現代のカンガルーとは異なり、合理的に移動していることを表します。」とサイモンフレーザー大学のMax Donelan教授は述べています。

    これらにより、Janis氏は「彼らの高い身長と二足歩行によって、跳ねること無く草木に茂った食物を漁っていた。」と示唆しており、彼らは跳ねないことで無駄なエネルギーを消耗せずに済む構造になっていたようです。

    eyecatch by Larry

    SHARE!

    各アイコンをクリックするとポップアップします(Feedlyは別窓)。

    ・この記事を「


    |


    【おすすめ記事】日本で今年もイルカ漁が開始、反対団体はイルカ漁反対のデモを行う

    ←前の記事
    お金を掛け過ぎるのも良くない? 「離婚率が上昇する」様々な要因
    次の記事→
    第三の目「バイオニック・アイ」で盲目の男性が視力を取り戻す
    

    この記事を見た人はこんな記事も見ています

    数独を行うよりも「2つの言語を話す」方が脳に良い影響を与える

    数独を行うよりも「2つの言語を話す」方が脳に良い影響を与える

    誰もいないのに「幽霊のような気配」を感じる理由

    誰もいないのに「幽霊のような気配」を感じる理由

    人間の脳に関する「5つの神話」の真実

    人間の脳に関する「5つの神話」の真実

    紫外線レーザーによって落花生のアレルゲンを80%も除去することに成功

    紫外線レーザーによって落花生のアレルゲンを80%も除去することに成功

    高所恐怖症に閉所、先端など我々が「恐怖症を持っている理由」

    高所恐怖症に閉所、先端など我々が「恐怖症を持っている理由」

    「男性脳」「女性脳」は存在しない?

    「男性脳」「女性脳」は存在しない?

    砂糖はバッテリーとして使用可能でリチウムイオン電池よりもエネルギー密度が高い

    砂糖はバッテリーとして使用可能でリチウムイオン電池よりもエネルギー密度が高い

    プロとして活躍しているスポーツ選手は「運動能力の才能」と「努力出来る才能」を持っている

    プロとして活躍しているスポーツ選手は「運動能力の才能」と「努力出来る才能」を持っている

    極限まで熱や冷気に耐えることが出来る「5匹の生物」

    極限まで熱や冷気に耐えることが出来る「5匹の生物」

    パソコンやスマホによって引き起こされる「コンピュータビジョン症候群」

    パソコンやスマホによって引き起こされる「コンピュータビジョン症候群」


    サイエンス」カテゴリーに関連する最新記事

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    何故我々は「アレルギー」を持っているのか

    何故我々は「アレルギー」を持っているのか

    汗っかきに朗報「汗に反応して良い香りが発生」する香水が開発される

    汗っかきに朗報「汗に反応して良い香りが発生」する香水が開発される

    「視力によって変化する不思議な絵」の原理

    「視力によって変化する不思議な絵」の原理

    「腐肉を食べる動物(腐肉食動物)」は何故病気にならないのか

    「腐肉を食べる動物(腐肉食動物)」は何故病気にならないのか

    飛行機(航空機)内で「携帯電話を使用」してはいけない理由

    飛行機(航空機)内で「携帯電話を使用」してはいけない理由

    ハーバード大学幹細胞研究所が「脳の発達に不可欠」なタンパク質を特定

    ハーバード大学幹細胞研究所が「脳の発達に不可欠」なタンパク質を特定


    新着記事 - 10件

    FF7を「ファミコンで再現」する企画が完了、あらゆる要素がFC仕様に

    FF7を「ファミコンで再現」する企画が完了、あらゆる要素がFC仕様に

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    スウェーデンの兄弟が世界初「ドーナツを宇宙に飛ばす」挑戦を行う

    スウェーデンの兄弟が世界初「ドーナツを宇宙に飛ばす」挑戦を行う

    宇宙飛行士の父親に向けて娘が「世界最大の自動車文字」でメッセージを贈る

    宇宙飛行士の父親に向けて娘が「世界最大の自動車文字」でメッセージを贈る

    「多用途四輪車(ホンダパイオニア700)でのウィリー走行」での世界記録

    「多用途四輪車(ホンダパイオニア700)でのウィリー走行」での世界記録

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か


    ←前の記事
    お金を掛け過ぎるのも良くない? 「離婚率が上昇する」様々な要因
    次の記事→
    第三の目「バイオニック・アイ」で盲目の男性が視力を取り戻す