• ハーバード大学が初めて「インスリン産生細胞(β細胞)」の培養に成功 「糖尿病」治療の希望に

    

    ハーバード大学が初めて「インスリン産生細胞(β細胞)」の培養に成功 「糖尿病」治療の希望に

    糖尿病は血中のグルコース濃度が病的に高い状態を指した病気で、長期化して糖化反応が引き起こされた結果、臓器が破壊されるという合併症の可能性があります。

    糖尿病には分類があり、それぞれ1型、2型と呼ばれており、同じ糖尿病でも異なる性質を持っています。

    1型は膵臓のランゲルハンス氏島にてインスリンを分泌しているβ細胞が死滅する病気のことを指しており、1型は生活習慣とは関係なく発症することから、一般的には若者の患者が多く見られています。

    また、1型はインスリンの分泌が極端に少なくなるため、大抵の患者はインスリンの注射が必要となっています。

    そして2型は生活習慣が大きく関わっているタイプであり、日本の糖尿病患者数の9割以上がこの2型であると言われています。

    糖尿病は人によってはずっと治療薬が必要になる場合もあり、一度なってしまうと治療は困難です。

    しかし、最近発表されたハーバード大学の研究によると、インスリンを分泌している「β細胞」の培養に成功したとの報告があり、この成果が実用化するとなれば将来的にはインスリン注射の必要が無くなるなど、糖尿病の治療に大きな効果を挙げる可能性が考えられます。



    Giant leap against diabetes
    http://news.harvard.edu/gazette/story/2014/10/giant-leap-against-diabetes/

    Cure for Type 1 diabetes imminent after Harvard stem-cell breakthrough
    http://www.telegraph.co.uk/science/science-news/11151909/Cure-for-Type-1-diabetes-imminent-after-Harvard-stem-cell-breakthrough.html
    2014-10-13-13

    「今までの研究ではβ細胞を生成できたものの、インスリンを生成しなかったというパターンが多かった。最も大きなハードルはグルコースに反応してインスリンを生産するβ細胞を生み出すことでした。ですが、今回それは私たちのグループによって作り出すことができたのです。」

    こう述べているのは今回のβ細胞研究者の一人であり、ハーバード大学の幹細胞の研究者であるDoug Melton博士です。

    博士によると、この幹細胞由来のβ細胞は、現在ヒト以外の霊長類を含んだ動物モデルでの試験を受けていると話しており、数年以内にはヒトへの臨床試験を行う見通しを立てているようです。

    この幹細胞由来のβ細胞を移植することで、患者はインスリンを新たに生産出来ると考えており、Melton博士は何ヶ月も前からマウスにβ細胞を移植していますが、未だに移植された細胞はインスリンを生産していると話しています。


    2014-10-13-14
    photo by Dennis Skley


    ハーバード大学の学長、Drew Faust氏もこの発見に驚きを見せており、「私たちの誰もが10年前には(このような結果になるとは)予測できなかったでしょう。」と話しています。

    ロックフェラー大学およびハワード·ヒューズ医学研究所の研究者、Elaine Fuchs氏は「これまでの幹細胞分野の研究で、最も重要な進歩の一つである。」と研究結果を賞賛し、「何十年もの間、研究者は、インスリンを産生するヒト膵臓β細胞を生成しようとしていました。Meltonと彼の同僚は、今このハードルを克服し、糖尿病における創薬、移植治療のためのドアを開けています。」と述べています。

    Melton博士はこの糖尿病治療の分野に大きく力を入れていますが、その理由は彼の息子であるSam氏が幼い頃に1型糖尿病と診断されたことです。

    息子が糖尿病と診断されて以来、博士は23年間も病気の治療法を見つけることに奮闘していました。今回の成果はその集大成とも言えるでしょう。

    この発見が実用化されれば、糖尿患者であるおよそ300万人ものアメリカ人に影響を与えることが可能となり、多くの糖尿病患者に希望を宿すことが出来るかもしれません。

    eyecatch by bodytel

    SHARE!

    各アイコンをクリックするとポップアップします(Feedlyは別窓)。

    ・この記事を「


    |


    【おすすめ記事】「ワイルドスピード7」の公式トレーラーが公開 ポール・ウォーカー最期の出演

    ←前の記事
    これは凄い!? 3Dプリンターで作られた「紙飛行機マシンガン」
    次の記事→
    ブルガリアで「鉄杭で胸を貫かれたヴァンパイアの墓」が発見される
    

    この記事を見た人はこんな記事も見ています

    肥満はガンのリスクを上昇させてしまう

    肥満はガンのリスクを上昇させてしまう

    数独を行うよりも「2つの言語を話す」方が脳に良い影響を与える

    数独を行うよりも「2つの言語を話す」方が脳に良い影響を与える

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    「闇より深い」イギリスの科学者が「世界一黒い物質」を開発

    「闇より深い」イギリスの科学者が「世界一黒い物質」を開発

    高所恐怖症に閉所、先端など我々が「恐怖症を持っている理由」

    高所恐怖症に閉所、先端など我々が「恐怖症を持っている理由」

    「腐肉を食べる動物(腐肉食動物)」は何故病気にならないのか

    「腐肉を食べる動物(腐肉食動物)」は何故病気にならないのか

    「男性脳」「女性脳」は存在しない?

    「男性脳」「女性脳」は存在しない?

    蜜蜂が地球上から消えると「人類は絶滅する」その理由

    蜜蜂が地球上から消えると「人類は絶滅する」その理由

    「電子タバコ」は規制すべきであると米国心臓協会が提言

    「電子タバコ」は規制すべきであると米国心臓協会が提言

    よりよく眠るための「6つの睡眠の秘密」

    よりよく眠るための「6つの睡眠の秘密」


    サイエンス」カテゴリーに関連する最新記事

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    何故我々は「アレルギー」を持っているのか

    何故我々は「アレルギー」を持っているのか

    汗っかきに朗報「汗に反応して良い香りが発生」する香水が開発される

    汗っかきに朗報「汗に反応して良い香りが発生」する香水が開発される

    「視力によって変化する不思議な絵」の原理

    「視力によって変化する不思議な絵」の原理

    「腐肉を食べる動物(腐肉食動物)」は何故病気にならないのか

    「腐肉を食べる動物(腐肉食動物)」は何故病気にならないのか

    飛行機(航空機)内で「携帯電話を使用」してはいけない理由

    飛行機(航空機)内で「携帯電話を使用」してはいけない理由

    ハーバード大学幹細胞研究所が「脳の発達に不可欠」なタンパク質を特定

    ハーバード大学幹細胞研究所が「脳の発達に不可欠」なタンパク質を特定


    新着記事 - 10件

    FF7を「ファミコンで再現」する企画が完了、あらゆる要素がFC仕様に

    FF7を「ファミコンで再現」する企画が完了、あらゆる要素がFC仕様に

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    スウェーデンの兄弟が世界初「ドーナツを宇宙に飛ばす」挑戦を行う

    スウェーデンの兄弟が世界初「ドーナツを宇宙に飛ばす」挑戦を行う

    宇宙飛行士の父親に向けて娘が「世界最大の自動車文字」でメッセージを贈る

    宇宙飛行士の父親に向けて娘が「世界最大の自動車文字」でメッセージを贈る

    「多用途四輪車(ホンダパイオニア700)でのウィリー走行」での世界記録

    「多用途四輪車(ホンダパイオニア700)でのウィリー走行」での世界記録

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か


    ←前の記事
    これは凄い!? 3Dプリンターで作られた「紙飛行機マシンガン」
    次の記事→
    ブルガリアで「鉄杭で胸を貫かれたヴァンパイアの墓」が発見される