• いじめを受けた子供は「夢遊病」「夜が怖い」「悪夢」を起こす可能性を上昇させる

    

    いじめを受けた子供は「夢遊病」「夜が怖い」「悪夢」を起こす可能性を上昇させる

    photo by Thomas Ricker

    夢遊病とは、睡眠中に発作的に起こる(無意識の状態で動き出す等)異常行動のことで、他にも睡眠時遊行症とも呼ばれています。

    最新の研究によると、いじめを受けた子供はこの夢遊病に加え、夜が怖くなったり、悪夢を見る可能性が高いと報告されています。



    Bullying raises risk of preteen night terrors
    http://www.futurity.org/bullying-night-terrors-sleep-763232/

    Bullying and Parasomnias: A Longitudinal Cohort Study
    http://pediatrics.aappublications.org/content/early/2014/09/02/peds.2014-1295

    ブリストル大学の組織、Avon Longitudinal Study of Parents and Childrenは、8~10歳の子供と12歳、13歳のいじめを受けていた経験のある子供にインタビューをしたところ、彼らはいじめを受けた後に夢遊病や悪夢が発症したり、夜が怖くなったとの症状を話していました。

    ウォーリック大学医学部、心理学科の教授Dieter Wolke氏によると、これら子供には「睡眠障害」を持っていることが多かったと述べています。

    いじめと睡眠障害には関連があり、思春期等の敏感な時期にいじめを受けることで、情緒不安定となって睡眠障害を引き起こした可能性が考えられるとのことです。

    また、不安が閾値を超えた際、悪夢が発生する場合があるようです。


    2014-09-15-4
    photo by Twentyfour Students


    子供の不安と考えられるいじめを制御した結果、症状が緩和したため、研究者らはいじめが睡眠障害などの随伴症状であると考えています。

    また研究者らは、子供がこれら睡眠障害などの症状が頻繁に現れている場合は、親や先生、スクールカウンセラーは本人にいじめを受けているかどうかを訪ねる事を考慮しても良いと話しています。

    いじめによる子供が受ける負の影響を低減するためにも、早期発見して彼らに支援を提供する必要があります。

    SHARE!

    各アイコンをクリックするとポップアップします(Feedlyは別窓)。

    ・この記事を「


    | | |


    【おすすめ記事】ニューヨークの高級マンションを「1億ドル(約120億円)」で契約、NYでは史上最大の金額

    ←前の記事
    24年間、小脳が欠如していても問題なく生活している女性が存在していた
    次の記事→
    イスラム国(ISIS、IS)とは一体どのような存在なのか
    

    この記事を見た人はこんな記事も見ています

    2014年8月はNASAの記録上、「最も気温が高い8月」だった

    2014年8月はNASAの記録上、「最も気温が高い8月」だった

    2012年、人類の文明が崩壊するほどの強力な「太陽風」が地球に襲いかかっていた

    2012年、人類の文明が崩壊するほどの強力な「太陽風」が地球に襲いかかっていた

    抗酸化サプリメントはガンに効果なし 研究者が指摘

    抗酸化サプリメントはガンに効果なし 研究者が指摘

    世界初「カラーで表示されるエックス線」の到来は近い

    世界初「カラーで表示されるエックス線」の到来は近い

    最適な睡眠は「8時間より7時間のほうが良い」かもしれない

    最適な睡眠は「8時間より7時間のほうが良い」かもしれない

    人類は現在も巨大な進化をしている途中である

    人類は現在も巨大な進化をしている途中である

    「電子タバコ」は規制すべきであると米国心臓協会が提言

    「電子タバコ」は規制すべきであると米国心臓協会が提言

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    「プレッシャーの影響で息苦しくなる」のを回避する方法を心理学者が提言

    「プレッシャーの影響で息苦しくなる」のを回避する方法を心理学者が提言

    前立腺ガンから身を守るための「7つの方法」

    前立腺ガンから身を守るための「7つの方法」


    サイエンス」カテゴリーに関連する最新記事

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    何故我々は「アレルギー」を持っているのか

    何故我々は「アレルギー」を持っているのか

    汗っかきに朗報「汗に反応して良い香りが発生」する香水が開発される

    汗っかきに朗報「汗に反応して良い香りが発生」する香水が開発される

    「視力によって変化する不思議な絵」の原理

    「視力によって変化する不思議な絵」の原理

    「腐肉を食べる動物(腐肉食動物)」は何故病気にならないのか

    「腐肉を食べる動物(腐肉食動物)」は何故病気にならないのか

    飛行機(航空機)内で「携帯電話を使用」してはいけない理由

    飛行機(航空機)内で「携帯電話を使用」してはいけない理由

    ハーバード大学幹細胞研究所が「脳の発達に不可欠」なタンパク質を特定

    ハーバード大学幹細胞研究所が「脳の発達に不可欠」なタンパク質を特定


    新着記事 - 10件

    FF7を「ファミコンで再現」する企画が完了、あらゆる要素がFC仕様に

    FF7を「ファミコンで再現」する企画が完了、あらゆる要素がFC仕様に

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    スウェーデンの兄弟が世界初「ドーナツを宇宙に飛ばす」挑戦を行う

    スウェーデンの兄弟が世界初「ドーナツを宇宙に飛ばす」挑戦を行う

    宇宙飛行士の父親に向けて娘が「世界最大の自動車文字」でメッセージを贈る

    宇宙飛行士の父親に向けて娘が「世界最大の自動車文字」でメッセージを贈る

    「多用途四輪車(ホンダパイオニア700)でのウィリー走行」での世界記録

    「多用途四輪車(ホンダパイオニア700)でのウィリー走行」での世界記録

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か


    ←前の記事
    24年間、小脳が欠如していても問題なく生活している女性が存在していた
    次の記事→
    イスラム国(ISIS、IS)とは一体どのような存在なのか