• ベンゾジアゼピン系睡眠薬の常用使用は「アルツハイマー」の発症可能性を上昇させる

    

    ベンゾジアゼピン系睡眠薬の常用使用は「アルツハイマー」の発症可能性を上昇させる

    photo by e-Magine Art

    睡眠薬は主に不眠症や睡眠が必要とされる時に服用する薬剤です。

    睡眠薬の種類にはベンゾジアゼピン系非ベンゾジアゼピン系バルビツール酸系抗ヒスタミン薬などがありますが、最近の研究の結果、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬を服用した場合、認知症の一つであるアルツハイマーを引き起こす可能性が高いと言われているようです。

    更に、半年以上このベンゾジアゼピン系の睡眠薬を使用している場合はより発症率が上昇してしまうとのことです。



    Prescription sleeping pills taken by more than one million Britons 'can raise chance of developing Alzheimer's by 50%'
    http://www.dailymail.co.uk/health/article-2750042/Prescription-sleeping-pills-taken-one-million-Britons-raise-chance-developing-Alzheimer-s-50.html

    Sleeping pills taken by millions linked to Alzheimer's
    http://www.telegraph.co.uk/health/healthnews/11083674/Sleeping-pills-taken-by-millions-linked-to-Alzheimers.html


    フランスとカナダの研究者は、アルツハイマー患者1796人を含んだ66歳以上の高齢者8980人のベンゾジアゼピン系睡眠薬の使用を調べたところ、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬を服用した人はそうではない人よりも51%もアルツハイマーの発症率が高かったとの研究結果を発表しています。

    更に、3ヶ月から6ヶ月以上服用していた人は84%がアルツハイマーを発症している結果となっています。

    この結果により、モントリオールの大学の研究者は、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬の摂取が原因でアルツハイマー型認知症が発症するとの疑いを強めています。


    2014-09-10-1
    photo by planetchopstick


    ベンゾジアゼピンは脳内物質の伝達を変更することで、心を落ち着かせる効果をもたらしますが、それが原因で認知症を引き起こすかもしれないと研究者は語ります。

    しかし、他の研究者は認知症を発症するのは必然であり、薬を処方されていなくても病気になると述べています。

    「医師はベンゾジアゼピンが持つ潜在的リスクに気付いていますが、我々がこれらの服用をすぐに辞めると重篤な副作用が起きるおそれがあります。」

    メンタルヘルスチャリティのSANEのCEO、Marjorie Wallace氏はそう話し、個人で勝手に辞めるのではなく、医師と相談すべきであると警告しています。

    SHARE!

    各アイコンをクリックするとポップアップします(Feedlyは別窓)。

    ・この記事を「


    | | |


    【おすすめ記事】義足のランナー「オスカー・ピストリウス」過失致死の罪で有罪判決

    ←前の記事
    活火山の火口ギリギリまで近づいて吹き上がる溶岩を撮影する男
    次の記事→
    全身麻酔の「手術中に何人かの患者は目覚め」ているという事実
    

    この記事を見た人はこんな記事も見ています

    蜜蜂が地球上から消えると「人類は絶滅する」その理由

    蜜蜂が地球上から消えると「人類は絶滅する」その理由

    鶏も人間と同じように「数」によって判断を行うことが判明

    鶏も人間と同じように「数」によって判断を行うことが判明

    ギャンブルをする時は「空腹状態」の方が適切な選択を行うことが出来る

    ギャンブルをする時は「空腹状態」の方が適切な選択を行うことが出来る

    何故我々は「アレルギー」を持っているのか

    何故我々は「アレルギー」を持っているのか

    砂糖はバッテリーとして使用可能でリチウムイオン電池よりもエネルギー密度が高い

    砂糖はバッテリーとして使用可能でリチウムイオン電池よりもエネルギー密度が高い

    南極の氷が記録的な増加、しかし北極の氷は逆に減り続けている

    南極の氷が記録的な増加、しかし北極の氷は逆に減り続けている

    健康的なライフスタイルに変更することで、心臓病の発症率を80%も防ぐことが可能

    健康的なライフスタイルに変更することで、心臓病の発症率を80%も防ぐことが可能

    「道徳の違反から生じる嫌悪感」は喉の渇きを忘れさせる

    「道徳の違反から生じる嫌悪感」は喉の渇きを忘れさせる

    紫外線レーザーによって落花生のアレルゲンを80%も除去することに成功

    紫外線レーザーによって落花生のアレルゲンを80%も除去することに成功

    パソコンやスマホによって引き起こされる「コンピュータビジョン症候群」

    パソコンやスマホによって引き起こされる「コンピュータビジョン症候群」


    サイエンス」カテゴリーに関連する最新記事

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    何故我々は「アレルギー」を持っているのか

    何故我々は「アレルギー」を持っているのか

    汗っかきに朗報「汗に反応して良い香りが発生」する香水が開発される

    汗っかきに朗報「汗に反応して良い香りが発生」する香水が開発される

    「視力によって変化する不思議な絵」の原理

    「視力によって変化する不思議な絵」の原理

    「腐肉を食べる動物(腐肉食動物)」は何故病気にならないのか

    「腐肉を食べる動物(腐肉食動物)」は何故病気にならないのか

    飛行機(航空機)内で「携帯電話を使用」してはいけない理由

    飛行機(航空機)内で「携帯電話を使用」してはいけない理由

    ハーバード大学幹細胞研究所が「脳の発達に不可欠」なタンパク質を特定

    ハーバード大学幹細胞研究所が「脳の発達に不可欠」なタンパク質を特定


    新着記事 - 10件

    FF7を「ファミコンで再現」する企画が完了、あらゆる要素がFC仕様に

    FF7を「ファミコンで再現」する企画が完了、あらゆる要素がFC仕様に

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    スウェーデンの兄弟が世界初「ドーナツを宇宙に飛ばす」挑戦を行う

    スウェーデンの兄弟が世界初「ドーナツを宇宙に飛ばす」挑戦を行う

    宇宙飛行士の父親に向けて娘が「世界最大の自動車文字」でメッセージを贈る

    宇宙飛行士の父親に向けて娘が「世界最大の自動車文字」でメッセージを贈る

    「多用途四輪車(ホンダパイオニア700)でのウィリー走行」での世界記録

    「多用途四輪車(ホンダパイオニア700)でのウィリー走行」での世界記録

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か


    ←前の記事
    活火山の火口ギリギリまで近づいて吹き上がる溶岩を撮影する男
    次の記事→
    全身麻酔の「手術中に何人かの患者は目覚め」ているという事実