• ブラジャーを着けることは「乳ガン」の原因にはならない

    

    ブラジャーを着けることは「乳ガン」の原因にはならない

    photo by patti haskins

    ブラジャーは女性の乳房を支えることが基本目的となっており、時には補正下着として着用される下着です。

    以前からブラを着けることは乳ガンの発症率を上昇させてしまうとの話があり、インターネットでも大きくその話は広まっていましたが、最近の研究では、乳ガンの発症率はブラの着用とは関係ないとの研究結果が発表されています。



    Bras cause breast cancer? Apparently not, study says
    http://www.latimes.com/science/la-sci-sn-bras-breast-cancer-20140905-story.html

    Bras are blameless for breast cancer risk
    http://www.cbsnews.com/news/bras-are-blameless-for-breast-cancer-risk/

    Bras Blameless for Breast Cancer Risk: Study
    http://consumer.healthday.com/cancer-information-5/breast-cancer-news-94/bras-off-the-hook-as-a-breast-cancer-risk-study-691400.html

    男性下着の場合はタイトな下着を着けることで熱がこもって精子の生産が妨げられますが、女性もタイトなブラを着けるとリンパの流れを妨げて毒素の除去を阻害することで、乳ガンが発症してしまうと信じられてきました。

    しかし、このブラ着用による乳ガン説は、ほとんど科学的に調査されていませんでした。

    今回シアトルのFred Hutchinson Cancer Research Centerの研究者、Lu Chen氏のチームによって、469人の閉経している健康な女性と、2000年から2004年までの1000人以上の乳ガンと診断された女性達を比較調査しました。

    参加した女性らはブラのカップサイズから1日の着用期間、着用方法に身長体重人種など、ありとあらゆる情報を研究者に提供しましたが、調査の結果、ブラと乳ガンには何も関連がありませんでした。


    2014-09-06-6
    photo by Tracy Hunter


    「この研究はブラジャーを着用しても安全であることを、論理的、明白に伝えています。」

    ハーバード大学公衆衛生学部の博士、Dimitrios Trichopoulos氏はそう話しており、論文の有用性を認めています。

    また彼は、インターネット上に広がっているブラと乳ガンの関連を煽る記事についても「女性はそれを無視するのが賢明でしょう。」と付け加えています。

    インターネットは有用な情報の宝庫ですが、そこには多くのナンセンスな情報も数多く含まれていることを懸念すべきでしょう。

    なお、この研究はjournal Cancer Epidemiology , Biomarkers & Preventionにて9/5に掲載されています。

    SHARE!

    各アイコンをクリックするとポップアップします(Feedlyは別窓)。

    ・この記事を「


    | | |


    【おすすめ記事】イスラム国が新たな宣伝映像を公開、映像には「ヨルダン人パイロットを焼殺させる」場面も

    ←前の記事
    電子タバコは50000人以上もの人々の命を救うことが可能
    次の記事→
    巨大グモに扮した犬が人に襲いかかるドッキリ
    

    この記事を見た人はこんな記事も見ています

    内気な人ほど「オンラインゲーム」で友達を作る割合が多いという研究結果

    内気な人ほど「オンラインゲーム」で友達を作る割合が多いという研究結果

    パソコンやスマホによって引き起こされる「コンピュータビジョン症候群」

    パソコンやスマホによって引き起こされる「コンピュータビジョン症候群」

    大麻の使用は「双極性障害を悪化させる」可能性があることを発見

    大麻の使用は「双極性障害を悪化させる」可能性があることを発見

    飛行機(航空機)内で「携帯電話を使用」してはいけない理由

    飛行機(航空機)内で「携帯電話を使用」してはいけない理由

    がん治療の影響で、二人のHIV患者からHIVウィルスが消滅する

    がん治療の影響で、二人のHIV患者からHIVウィルスが消滅する

    コーヒー(カフェイン)が我々の脳に与える影響

    コーヒー(カフェイン)が我々の脳に与える影響

    「エボラウィルス」とは一体何か

    「エボラウィルス」とは一体何か

    「男性脳」「女性脳」は存在しない?

    「男性脳」「女性脳」は存在しない?

    ギャンブルをする時は「空腹状態」の方が適切な選択を行うことが出来る

    ギャンブルをする時は「空腹状態」の方が適切な選択を行うことが出来る

    「闇より深い」イギリスの科学者が「世界一黒い物質」を開発

    「闇より深い」イギリスの科学者が「世界一黒い物質」を開発


    サイエンス」カテゴリーに関連する最新記事

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    何故我々は「アレルギー」を持っているのか

    何故我々は「アレルギー」を持っているのか

    汗っかきに朗報「汗に反応して良い香りが発生」する香水が開発される

    汗っかきに朗報「汗に反応して良い香りが発生」する香水が開発される

    「視力によって変化する不思議な絵」の原理

    「視力によって変化する不思議な絵」の原理

    「腐肉を食べる動物(腐肉食動物)」は何故病気にならないのか

    「腐肉を食べる動物(腐肉食動物)」は何故病気にならないのか

    飛行機(航空機)内で「携帯電話を使用」してはいけない理由

    飛行機(航空機)内で「携帯電話を使用」してはいけない理由

    ハーバード大学幹細胞研究所が「脳の発達に不可欠」なタンパク質を特定

    ハーバード大学幹細胞研究所が「脳の発達に不可欠」なタンパク質を特定


    新着記事 - 10件

    FF7を「ファミコンで再現」する企画が完了、あらゆる要素がFC仕様に

    FF7を「ファミコンで再現」する企画が完了、あらゆる要素がFC仕様に

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    スウェーデンの兄弟が世界初「ドーナツを宇宙に飛ばす」挑戦を行う

    スウェーデンの兄弟が世界初「ドーナツを宇宙に飛ばす」挑戦を行う

    宇宙飛行士の父親に向けて娘が「世界最大の自動車文字」でメッセージを贈る

    宇宙飛行士の父親に向けて娘が「世界最大の自動車文字」でメッセージを贈る

    「多用途四輪車(ホンダパイオニア700)でのウィリー走行」での世界記録

    「多用途四輪車(ホンダパイオニア700)でのウィリー走行」での世界記録

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か


    ←前の記事
    電子タバコは50000人以上もの人々の命を救うことが可能
    次の記事→
    巨大グモに扮した犬が人に襲いかかるドッキリ