• 中高年の「高血圧」は精神を後退させ、後に「認知症」に繋がる可能性

    

    中高年の「高血圧」は精神を後退させ、後に「認知症」に繋がる可能性

    photo by Frits Ahlefeldt-Laurvig

    中高年になると、あらゆる要素が健康に甚大な被害を与える可能性があります。

    生活習慣病である高血圧もその内の一つです。

    高血圧は血圧が通常よりも高い状態になっている状態を表し、それによって虚血性心疾患脳卒中腎不全が発症する引き金となります。

    これは「予防」が重要であり、現在高血圧でなくとも、将来発症しないためにも生活習慣を改める必要があります。

    この高血圧に関する新しい研究によると、中年での血圧の上昇は後に精神状態のレベルを低下させることを発見しました。



    High blood pressure during midlife may lead to mental decline, dementia in later life
    http://www.techtimes.com/articles/12251/20140807/high-blood-pressure-during-midlife-may-lead-to-mental-decline-dementia-in-later-life.htm

    8月4日にJAMA Neurologyで発表された研究によると、メリーランド州のボルチモアの医学ジョンズホプキンス大学医学部で神経内科医のRebecca Gottesman氏および同僚は、48から67歳の間で約14000人を追跡調査したところ、20年後の認知能力の変化に関して、中年と高血圧の間に関連があることを発見します。

    研究の開始時に参加者の血圧レベルを測定し、後に彼らの精神能力を3回に分けてテストしました。

    正常な血圧を持っていた人々と高血圧の人々を比較した結果、高血圧の人は正常な人よりも脳力スコアが6.5%減少していることがわかっています。


    2014-08-09-9
    photo by Quinn Dombrowski


    しかし、高血圧を改善する薬を使用している人の場合、スコアの低下は低くなっていることから、研究者は高血圧がその後の人生に影響を与えていると考えます。更に、黒人よりも白人の方がその影響は大きく現れているようです。

    Gottesman氏によると、人の精神が2.7年老いた状態になることで、アルツハイマー病のようなメンタルヘルス関連の病に結びつく可能性があることを示唆しています。

    SHARE!

    各アイコンをクリックするとポップアップします(Feedlyは別窓)。

    ・この記事を「


    | | |


    【おすすめ記事】ダニエル・ラドクリフが「ABCの歌」をラップで披露

    ←前の記事
    「向精神薬を使用」することで「自閉症」の症状が緩和する可能性
    次の記事→
    大学生が裏庭に手製の「ジェットコースター」を作成する
    

    この記事を見た人はこんな記事も見ています

    抗酸化サプリメントはガンに効果なし 研究者が指摘

    抗酸化サプリメントはガンに効果なし 研究者が指摘

    よりよく眠るための「6つの睡眠の秘密」

    よりよく眠るための「6つの睡眠の秘密」

    父親の喫煙は生まれてくる子供を「喘息」にする可能性

    父親の喫煙は生まれてくる子供を「喘息」にする可能性

    若者の大麻喫煙は学校を辞める可能性が高く、更に自殺する可能性を上昇させる

    若者の大麻喫煙は学校を辞める可能性が高く、更に自殺する可能性を上昇させる

    汗っかきに朗報「汗に反応して良い香りが発生」する香水が開発される

    汗っかきに朗報「汗に反応して良い香りが発生」する香水が開発される

    「闇より深い」イギリスの科学者が「世界一黒い物質」を開発

    「闇より深い」イギリスの科学者が「世界一黒い物質」を開発

    デスバレー国立公園の動く石「セーリングストーンズ」の謎がついに解明される

    デスバレー国立公園の動く石「セーリングストーンズ」の謎がついに解明される

    朝食は1日の中でもっとも重要な食事である

    朝食は1日の中でもっとも重要な食事である

    科学で解決!ドレスの色が「青と黒」「白と金」と違って見える理由

    科学で解決!ドレスの色が「青と黒」「白と金」と違って見える理由

    飛行機(航空機)内で「携帯電話を使用」してはいけない理由

    飛行機(航空機)内で「携帯電話を使用」してはいけない理由


    サイエンス」カテゴリーに関連する最新記事

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    何故我々は「アレルギー」を持っているのか

    何故我々は「アレルギー」を持っているのか

    汗っかきに朗報「汗に反応して良い香りが発生」する香水が開発される

    汗っかきに朗報「汗に反応して良い香りが発生」する香水が開発される

    「視力によって変化する不思議な絵」の原理

    「視力によって変化する不思議な絵」の原理

    「腐肉を食べる動物(腐肉食動物)」は何故病気にならないのか

    「腐肉を食べる動物(腐肉食動物)」は何故病気にならないのか

    飛行機(航空機)内で「携帯電話を使用」してはいけない理由

    飛行機(航空機)内で「携帯電話を使用」してはいけない理由

    ハーバード大学幹細胞研究所が「脳の発達に不可欠」なタンパク質を特定

    ハーバード大学幹細胞研究所が「脳の発達に不可欠」なタンパク質を特定


    新着記事 - 10件

    FF7を「ファミコンで再現」する企画が完了、あらゆる要素がFC仕様に

    FF7を「ファミコンで再現」する企画が完了、あらゆる要素がFC仕様に

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    スウェーデンの兄弟が世界初「ドーナツを宇宙に飛ばす」挑戦を行う

    スウェーデンの兄弟が世界初「ドーナツを宇宙に飛ばす」挑戦を行う

    宇宙飛行士の父親に向けて娘が「世界最大の自動車文字」でメッセージを贈る

    宇宙飛行士の父親に向けて娘が「世界最大の自動車文字」でメッセージを贈る

    「多用途四輪車(ホンダパイオニア700)でのウィリー走行」での世界記録

    「多用途四輪車(ホンダパイオニア700)でのウィリー走行」での世界記録

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か


    ←前の記事
    「向精神薬を使用」することで「自閉症」の症状が緩和する可能性
    次の記事→
    大学生が裏庭に手製の「ジェットコースター」を作成する