• 「エボラウィルス」とは一体何か

    

    「エボラウィルス」とは一体何か

    photo by European Commission DG ECHO

    以前、アメリカ人がエボラウィルスに感染という記事を公開しましたが、エボラウィルスは現在も猛威を振るっており、地方によってはパンデミック状態とも言えるほどです。

    しかし、エボラウィルスとは一体何なのでしょうか?



    エボラウィルスはHIVと同じく、比較的最近になって登場しています。

    エボラウィルスは1976年にスーダンやコンゴで発生しはじめ、凶悪な能力を持っていることから注目を浴び始めました。

    このウィルスは熱帯医学研究所のベルギーの医師によって発見されます。

    当時、コンゴにて謎の恐ろしい症状に出会っていましたが、科学者達はこれがウィルスの仕業であると気づくのは簡単でした。

    顕微鏡で見たところ、巨大なワームのような外見をしており、寄生マラリアではなくエボラと名を付けられますが、すぐにエボラ出血熱と名前を改正させられます。

    このウィルスに感染した場合、嘔吐から始まり粘膜の変異、皮膚の剥離に異常な腫れが引き起こされ、最終的には死に至ります。


    2014-08-03-3
    photo by NIAID


    エボラウィルスはHIVと同じく、RNAウィルスに該当しています。

    しかし、更に細かく分けた場合は、エボラウィルスはフィロウィルスに該当し、HIVはレトロウィルスに該当します。

    エボラウィルスは基本的に細胞内へ入り込み、自身の分身を多く作り出します。そしてしばらくすると、それらコピーは細胞から去り、猛烈な傷跡を残していくのです。


    エボラウィルスの出現後、数十年はアフリカにてよく発症が報告されています。

    発症原因は霊長類やコウモリとの接触であると言われており、コウモリの場合はウィルスの影響を受けることがありません。

    結果、病原体を何の兆候もなく運び出してしまいます。


    エボラウィルスはその残虐性から、世界中の多くの人々に注意を与えることになりました。

    が、一つ問題があります。それは、アフリカ大陸での問題です。

    そこでは貧弱なインフラに加え、教育が十分ではないために感染を広げてしまう可能性があり、これが原因で世界に影響を与えかねない最初の要素になってしまう可能性があるため、大きな心配事となっています。


    2014-08-04-1
    photo by European Commission DG ECHO


    現実には、私達はエボラウィルスに対してそこまで心配することはありません。

    確かに治療法はありませんが、空気感染は無い以上、迅速に感染者を隔離し、衛生上のルールを守ることで感染率は低下します。

    また、レストン型のエボラウィルスであれば、人への感染率は低いとされています。

    しかし万一、栄養上の健康に異常がある場合は、致命的なダメージを負ってしまう可能性があります。


    最初の感染以来、脅威の威力を発揮してきたエボラウィルスですが、近年ではその勢いによる死亡者の割合は低減しています。

    しかし、エボラウィルスの研究の進歩には時間がとてもかかっています。

    何故なら、その危険性からエボラウィルスの研究は、世界でもトップレベルの生物災害研究所でしか研究が認められていないためです。


    今回のケースではマスクや防護服を装着している医療従事者が多数感染するなど、危険な状態が続いています。

    未だ収束へ向かっておらず、万が一世界中に大発生するおそれも考えられます。

    国際機関やアフリカの状態によっては非常に影響を受けやすいウィルスであるため、常に注意は必要とされています。


    ・関連リンク

    Everything you need to know about Ebola(geek)
    http://www.geek.com/science/everything-you-need-to-know-about-ebola-1600880/

    SHARE!

    各アイコンをクリックするとポップアップします(Feedlyは別窓)。

    ・この記事を「


    | |


    【おすすめ記事】ウェブサイトの表示を超高速化! SSLも無料で使える効果絶大のCDN「CloudFlare(クラウドフレア)」

    ←前の記事
    エマ・ワトソンから学ぶ、「12の成功の秘訣」
    次の記事→
    「落書き」は記憶力と想像力を向上させる効果がある
    

    この記事を見た人はこんな記事も見ています

    トルクメニスタンに存在する「地獄の門」 その裏側に迫る

    トルクメニスタンに存在する「地獄の門」 その裏側に迫る

    鶏も人間と同じように「数」によって判断を行うことが判明

    鶏も人間と同じように「数」によって判断を行うことが判明

    大規模なデータを保ったまま25kmの「量子テレポーテーション」に成功する

    大規模なデータを保ったまま25kmの「量子テレポーテーション」に成功する

    コーヒー(カフェイン)が我々の脳に与える影響

    コーヒー(カフェイン)が我々の脳に与える影響

    大麻の使用は「双極性障害を悪化させる」可能性があることを発見

    大麻の使用は「双極性障害を悪化させる」可能性があることを発見

    汗っかきに朗報「汗に反応して良い香りが発生」する香水が開発される

    汗っかきに朗報「汗に反応して良い香りが発生」する香水が開発される

    「生野菜vs冷凍野菜」どちらがより栄養の保持に優れているのか

    「生野菜vs冷凍野菜」どちらがより栄養の保持に優れているのか

    3600個ものヒートセンサーが用いられた、皮膚のようなウェアラブル健康モニター

    3600個ものヒートセンサーが用いられた、皮膚のようなウェアラブル健康モニター

    水に隠された「6つの知っておくべき事実」

    水に隠された「6つの知っておくべき事実」

    「血液型ダイエット」は本当に効果があるのか 栄養の専門家による考察

    「血液型ダイエット」は本当に効果があるのか 栄養の専門家による考察


    サイエンス」カテゴリーに関連する最新記事

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    何故我々は「アレルギー」を持っているのか

    何故我々は「アレルギー」を持っているのか

    汗っかきに朗報「汗に反応して良い香りが発生」する香水が開発される

    汗っかきに朗報「汗に反応して良い香りが発生」する香水が開発される

    「視力によって変化する不思議な絵」の原理

    「視力によって変化する不思議な絵」の原理

    「腐肉を食べる動物(腐肉食動物)」は何故病気にならないのか

    「腐肉を食べる動物(腐肉食動物)」は何故病気にならないのか

    飛行機(航空機)内で「携帯電話を使用」してはいけない理由

    飛行機(航空機)内で「携帯電話を使用」してはいけない理由

    ハーバード大学幹細胞研究所が「脳の発達に不可欠」なタンパク質を特定

    ハーバード大学幹細胞研究所が「脳の発達に不可欠」なタンパク質を特定


    新着記事 - 10件

    FF7を「ファミコンで再現」する企画が完了、あらゆる要素がFC仕様に

    FF7を「ファミコンで再現」する企画が完了、あらゆる要素がFC仕様に

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    スウェーデンの兄弟が世界初「ドーナツを宇宙に飛ばす」挑戦を行う

    スウェーデンの兄弟が世界初「ドーナツを宇宙に飛ばす」挑戦を行う

    宇宙飛行士の父親に向けて娘が「世界最大の自動車文字」でメッセージを贈る

    宇宙飛行士の父親に向けて娘が「世界最大の自動車文字」でメッセージを贈る

    「多用途四輪車(ホンダパイオニア700)でのウィリー走行」での世界記録

    「多用途四輪車(ホンダパイオニア700)でのウィリー走行」での世界記録

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か


    ←前の記事
    エマ・ワトソンから学ぶ、「12の成功の秘訣」
    次の記事→
    「落書き」は記憶力と想像力を向上させる効果がある