• 犬も「嫉妬」の感情を有することが判明

    

    犬も「嫉妬」の感情を有することが判明

    photo by David Smith

    犬は昔から人類と共に共存してきた動物です。

    現在では愛玩動物として世界各国で親しまれています。

    そんなワンちゃんですが、最近の研究によると「嫉妬」の感情を抱いているのではないかという報告がありました。



    サンディエゴのカリフォルニア大学の心理学者のリーダー、Christine Harris氏はその日、両親が飼っているボーダーコリーと遊んでいました。

    彼女は二匹の犬両方をなでて話していると、互いの犬は満足していないように見えたそうです。

    他の犬を押しのける姿はまるで、彼らは他者を受け入れないようにして一方的に愛情を求めているように見えました。



    Harrisはそれから同僚のCarolineと共に犬の嫉妬の感情について研究を始めます。

    実験の開始前に、自宅にて36匹の犬を用意します。次に、実験で使用する3つのアイテムを用意します。

    一つは、動くおもちゃの犬の人形、二つはカボチャのおもちゃ(ジャック・オ・ランタン)、三つに飛び出して騒ぐ絵本です。


    実験方法は犬の所有者が犬を無視し、その代わりにこれらのおもちゃと遊びます。

    これは、犬がそれらのおもちゃを「ライバル(敵対するもの)」として認識して行動をするかを確認するためです。


    実験にはボストンテリア、ヨークシャテリア、チワワ、パグ、様々な種類の犬達が使用されました。

    実験の結果、78%が犬のおもちゃから自分に気を惹かせようとし、42%はカボチャのおもちゃに注意を惹き、22%は騒ぐ本に動揺しました。

    更にこれに加え、犬の86%はおもちゃの犬の後ろを嗅ぎはじめたのです。

    この行動にHarrisは「まさかおもちゃにあのような反応をするとは思わなかった。」と、驚きを隠せませんでした。


    この研究を説明付けるならば、愛する人の注目を集めるライバルに直面したとき、犬は主から愛情を取り戻すためにライバルを追い払うことです。しかし、当然ながら犬の主観からではないため、必ずとは言えません。が、これらの行動は嫉妬を持っていたとの動機と関連付けることが出来ます。


    「犬は羨望のようなものを探し出せる完璧な種族のように見えます。彼らは人間との間に繋がりを精巧に認識し、我々が注意を払っている存在を操作しようとします。(ボーダーコリーが行ったように)」とHarrisは述べました。


    ・関連リンク

    Dogs Get Jealous, Too(national geographic)
    http://newswatch.nationalgeographic.com/2014/07/23/dogs-animals-jealousy-science-pets-owners/

    SHARE!

    各アイコンをクリックするとポップアップします(Feedlyは別窓)。

    ・この記事を「


    | |


    【おすすめ記事】電子タバコは50000人以上もの人々の命を救うことが可能

    ←前の記事
    地下に潜む「陥没穴」の恐怖
    次の記事→
    2012年、人類の文明が崩壊するほどの強力な「太陽風」が地球に襲いかかっていた
    

    この記事を見た人はこんな記事も見ています

    「プレッシャーの影響で息苦しくなる」のを回避する方法を心理学者が提言

    「プレッシャーの影響で息苦しくなる」のを回避する方法を心理学者が提言

    排泄物は何故ハエを傷つけないのか、遺伝子研究で原因が明らかに

    排泄物は何故ハエを傷つけないのか、遺伝子研究で原因が明らかに

    高所恐怖症に閉所、先端など我々が「恐怖症を持っている理由」

    高所恐怖症に閉所、先端など我々が「恐怖症を持っている理由」

    極限まで熱や冷気に耐えることが出来る「5匹の生物」

    極限まで熱や冷気に耐えることが出来る「5匹の生物」

    ハーバード大学幹細胞研究所が「脳の発達に不可欠」なタンパク質を特定

    ハーバード大学幹細胞研究所が「脳の発達に不可欠」なタンパク質を特定

    大規模なデータを保ったまま25kmの「量子テレポーテーション」に成功する

    大規模なデータを保ったまま25kmの「量子テレポーテーション」に成功する

    ボトックス注射は「胃がんの成長を抑える」ことが可能

    ボトックス注射は「胃がんの成長を抑える」ことが可能

    「向精神薬を使用」することで「自閉症」の症状が緩和する可能性

    「向精神薬を使用」することで「自閉症」の症状が緩和する可能性

    いじめを受けた子供は「夢遊病」「夜が怖い」「悪夢」を起こす可能性を上昇させる

    いじめを受けた子供は「夢遊病」「夜が怖い」「悪夢」を起こす可能性を上昇させる

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画


    サイエンス」カテゴリーに関連する最新記事

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    何故我々は「アレルギー」を持っているのか

    何故我々は「アレルギー」を持っているのか

    汗っかきに朗報「汗に反応して良い香りが発生」する香水が開発される

    汗っかきに朗報「汗に反応して良い香りが発生」する香水が開発される

    「視力によって変化する不思議な絵」の原理

    「視力によって変化する不思議な絵」の原理

    「腐肉を食べる動物(腐肉食動物)」は何故病気にならないのか

    「腐肉を食べる動物(腐肉食動物)」は何故病気にならないのか

    飛行機(航空機)内で「携帯電話を使用」してはいけない理由

    飛行機(航空機)内で「携帯電話を使用」してはいけない理由

    ハーバード大学幹細胞研究所が「脳の発達に不可欠」なタンパク質を特定

    ハーバード大学幹細胞研究所が「脳の発達に不可欠」なタンパク質を特定


    新着記事 - 10件

    FF7を「ファミコンで再現」する企画が完了、あらゆる要素がFC仕様に

    FF7を「ファミコンで再現」する企画が完了、あらゆる要素がFC仕様に

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    脳を電極で刺激すると「創造性」をより生み出せるという実験結果

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    「メープルシロップ」は抗生物質の能力を向上させる事が判明

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    アド街司会者でお馴染みの「愛川欽也」氏が死去、原因は肺ガン

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    地球上の生物の90%以上が死滅した「ペルム紀大絶滅」が再び発生する可能性

    スウェーデンの兄弟が世界初「ドーナツを宇宙に飛ばす」挑戦を行う

    スウェーデンの兄弟が世界初「ドーナツを宇宙に飛ばす」挑戦を行う

    宇宙飛行士の父親に向けて娘が「世界最大の自動車文字」でメッセージを贈る

    宇宙飛行士の父親に向けて娘が「世界最大の自動車文字」でメッセージを贈る

    「多用途四輪車(ホンダパイオニア700)でのウィリー走行」での世界記録

    「多用途四輪車(ホンダパイオニア700)でのウィリー走行」での世界記録

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    イタリアの外科医がロシア人男性に「初の人間頭部移植(HEAVEN)」を計画

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か

    TwitterがNTTやDataSiftを含む「全てのデータリセラーとの契約を解除」か


    ←前の記事
    地下に潜む「陥没穴」の恐怖
    次の記事→
    2012年、人類の文明が崩壊するほどの強力な「太陽風」が地球に襲いかかっていた